ツイッター:@39ft フェイスブックページ

ベガルタ仙台分析:渡邉晋監督のコメントから見えてくるもの


投稿者:リベロの河童( About )

これまで4回のベガルタ仙台分析連載をやってきましたが、読んでいただいた方には少しずつですが、ベガルタ仙台が今季やろうとしている狙いのようなものが見えてきたと思います。だと嬉しいです。

そして今回は、セレッソ大阪戦のあとの記者会見で渡邉監督が話した内容から、注目すべきポイントを抜き出して解説してみます。で、これを読む前にこれまでの連載に目を通していただけるとさらにわかりやすいと思います。

 

ベガルタ仙台分析:ボール保持率は今季J1で4位。ここ5試合の平均ボール支配率は58% | 河童戦術

ベガルタ仙台分析:5つのレーン状のエリアについて | 河童戦術

ベガルタ仙台分析:なぜ仙台はカウンターを頻繁に受けるのか | 河童戦術

ベガルタ仙台分析:プレーモデルについて | 河童戦術

 

2017 明治安田J1 第16節 セレッソ大阪 | ベガルタ仙台オフィシャルサイト

攻撃の手を緩めればいいんじゃないか、という意見がもしかしたらあるかもしれませんけれども、それをしてしまったら我々のチャレンジというものがゼロに戻ってしまうので、しっかりと今にやれている攻撃というものをしっかりとチャレンジし続けながら、ゲームの流れをしっかりと読む力、あるいはリスクマネジメントの徹底といったところをもう一度研ぎ澄ませて、次のゲームにのぞんでいきたいと思います。

続きを元のサイトで読む

続きを読む

サッカーの話題をもっと見る