鹿島対仙台の試合で濃霧が発生し試合が見えないと話題に

カテゴリ /  サッカー / タグ /  /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年08月05日( 2か月前に投稿 )

カシマサッカースタジアムで開催されているJ1第20節の鹿島アントラーズ対ベガルタ仙台の試合ですが、試合開始から徐々に霧が濃くなり試合が凄いことになってると話題に。

前半20分すぎからは明らかに視界不良の状態になり、ボールの色を変えて見やすくするためカラーボールを導入します。冬で雪が積もってるときはよく使ったりするんですけどね。こういう霧で使うことになるというのもなかなか珍しい。

それでも試合は続行されていたのですが、さすがに逆サイドはもう見えないという状態になり試合は一度中断されます。しかし審判団や関係者などが協議した結果、もしこれ以上霧が濃くなった場合は中断するとしてそのまま試合は続行されました。

このようにカメラの映像ではもう全然見えないですねwしかしそのまま試合は続行され、前半終了間際に鹿島アントラーズが先制点を奪いました。

この記事を書いている時点では前半が終了し鹿島が1点をリードするという展開。これ以上霧が濃くならない限りは続行すると発表されていますので、このままでしたら試合は続きそうですね。いや視聴者にはなんにも見えんwww

サッカー ≫ 今週の人気記事