しばりプレイ全部設定してクリアしました:ドラクエ11完全しばりプレイ

カテゴリ /  ゲーム / タグ / 
リベロの河童
投稿者: ( ゲーム担当 )
公開日:2017年08月06日( 2か月前に投稿 )

最初に勇者の名前を決めるとき設定できる『戦闘から逃げられない』『買い物できない』『防具を装備できない』『はずかしい呪い』という4つのしばりプレイを適用させてクリアを目指すこの連載ですが、一応エンディングのところまでは終わったので感想をまとめておきます。まずはそれぞれのしばりプレイの感想から。

・戦闘から逃げられない

これは正直まったく困りませんでした。そもそもの難易度がかなり低めに設定されているためボス戦以外で苦労することはほとんどないかと。まあ逃げれないから全滅したということはまずないと思いますし、あまりにレベルの低い相手と戦うのがめんどくさいけど回避できないという辛さ程度です。

・買い物できない

これで困ったのは序盤だけかと。一番最初の序盤でホイミすら覚えてないときは薬草を頼ることになるんですが、その薬草が尽きると困りました。まあ困ったのは本当に最初だけで、結局強い装備は拾ったり作ったりなのであまり買い物できなくても困らないかと。ちなみに買い物はできませんがカジノの景品は交換できるので、それを利用するとかなり楽です。

・防具を装備できない

最初見たとき、この防具装備できないというのはかなり厳しい戦いになるのではないかと思っていたのですが、わりと普通に戦えました。防具を装備してない状態が海外RPGのノーマルかやや難しい位の難易度かと。ターン制で回復手段もかなり用意されているのでコツを掴んでしまえば全体的に見るとそれほど困りませんでした。まあ間違いなく難易度は上がるのでこのしばり設定が一番おすすめではあります。

・はずかしい呪い

これは2つの面がありまして、戦闘中の行動不能と通常時の行動不能とわけて考えてみます。まず戦闘時にランダムで1ターン行動不能になるんですが、これは冒険を続けていくと途中で勇者がひとりになる(崩壊直後)ときがあるんですが、このときが全体を通して一番難易度が高くなりました。相手の攻撃4~5発でHP全部削られるのですが、相手が1ターンに2回攻撃するような場面が多く勇者ひとりしかいないのにはずかしい呪いが発動すると回復する間もなく全滅します。具体的には崩壊直後からロウ戦くらいまでがこのゲームで一番きつかったです。

そしてもうひとつ通常時の行動不能ですが、これは難易度とかの問題ではなくただただ「ウザい」だけです。町の人など誰かに話しかけようとするとはずかしい呪いが発動して話しかけられない。もう一度話しかけると普通に話せるんですが、この通常時のはずかしい呪いが同じ人に話しかけようとして2連続で発動するともうゲームやめたくなります。それくらいまったく難易度には影響しないただウザいだけのしばりでした。

 

ドラクエ11の感想

難易度:相当低い。防具装備できない縛りでも海外RPGより簡単だったりもします。コアなゲーマーにはかなり物足りないかもしれませんが、あまりRPGを普段やってない方には丁度いいのかもしれません。それくらいの難易度設定でした。

グラフィック:中の下。そもそもそういう部分にこだわって作っているのか微妙なので比較するべきではないのかもしれませんが、正直10年前のレベルかと思います。まあそこで勝負しているわけではないのでしょう。

バグ:ゲームを開始してからエンディングまでひとつもバグに遭遇しませんでした。この部分は本当に凄いなと思います。ネットでもバグの話題は見かけませんし、そういうところは日本のゲームのいい部分かもしれませんね。

音楽:あまり良くない。いくつかの使いまわしされた音楽は素晴らしいと思いますが、今回のドラクエ11で新しく用意された音楽で良いと思ったものはありませんでした。

音声:なんとボイスなしです。これもあえてそうしたのでしょうきっと。現代のPS4ソフトのRPGで音声なしなんてほとんど聞いた事が無いレベルで逆に斬新でした。ボイスがあることによってイメージが膨らまないとか何か狙いがあるのだと思います。

ストーリー:これぞ日本の古き良きロールプレイングだなあと思います。節目節目でのストーリー展開は王道(ありきたり)ですが面白いです。ほんと昔の日本RPGをPS4でつくったらこうなりますという感じでした。ただストーリー途中の選択によってエンディングが分岐するわけではない(と思われる)ようなので、一度やったらもういいかな。

戦闘:AIがあまり賢くないので基本的に自分でやったほうが最適なチョイスをできます。そして戦闘の難易度ですが、理不尽さはあまりなく適切な選択肢を選ぶように心がければ困ることはまず無いです。あと、数多くのいろんな技や呪文があっても最後はこれって決まってくるので、もっと属性や相性なんかでダメージが極端に変わるようにしてほしかったです。最後はやること同じになります。

やり込み要素:アイテムをコツコツ拾っていったりイベントをちゃんと全部コンプリートしようとすると相当な時間がかかります。また、エンディング後もかなり続くので、エンディングを見るだけなら50時間程度で到達できますが、全部楽しもうとすると相当な時間が必要になります。100時間は余裕で越えるでしょう。

 

最後に。ストーリーの分岐もなくキャラも固定でクリア後のやり込み要素が多いことから、周回プレイには向かないゲーム設定だと思います。しかし、昔のドラクエを楽しめたという方は是非一度プレイしてみることをおすすめします。本当に世界の主流とはまったく別の路線でつくられていて、古き良き日本のゲームを最新ゲーム機でつくったという印象です。クリアまで結構な時間がかかるので、ゆっくりとのんびり進めるのがおすすめです。

ゲーム ≫ 今週の人気記事