サンフレッチェ広島の野津田岳人が清水とのレンタル契約を解除してベガルタ仙台に加入

カテゴリ /  サッカー / タグ /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年08月07日( 2か月前に投稿 )

今季のベガルタ仙台はどちらかというと『戦術に選手をハメる』という印象なわけですが、たしかにいくつかのポジションでは求めるレベルを満たせてない状態ではあると思います。で、今回その戦術にわりとハマりそうな野津田岳人がローンで加入することが決まったようです。

野津田岳人選手 サンフレッチェ広島より期限付き移籍解除のお知らせ |清水エスパルス – 公式WEBサイト

【野津田岳人選手コメント】
『今回、新たな環境でプレーすることを決断しました。コンディション不良もあって試合になかなか絡むことができず、チームの力になれなかったことは申し訳なく思っています。このタイミングで移籍することは自分自身も非常に残念ではありますが、さらに成長した姿をお見せできればと思います。短い期間でしたが、これまで応援いただき本当にありがとうございました』

続きを元のサイトで読む

サンフレNEWS | サンフレッチェ広島 | SANFRECCE HIROSHIMA

このたび、清水エスパルスに期限付き移籍しておりますサンフレッチェ広島所属の野津田岳人選手が、ベガルタ仙台に期限付き移籍することが決定いたしましたので、お知らせします。

続きを元のサイトで読む

野津田岳人選手 期限付き移籍加入のお知らせ | ベガルタ仙台オフィシャルサイト

【コメント】
『このたび、ベガルタ仙台に加入することになりました野津田岳人です。シーズン中の移籍になりますので、まずは一日でも早くチームに溶け込みたいと思います。ベガルタ仙台のために全力を尽くし、ピッチ上でチームに貢献できるようがんばります。これから応援よろしくお願いいたします』

続きを元のサイトで読む

サンフレッチェ広島でなかなか出場機会がなかった2016年4月にまずはアルビレックス新潟へ期限付き移籍をしたのですが、これはおそらくオリンピック代表選考を意識してのことだと思われます。そして2016年末に2018年1月31日までの契約で清水エスパルスへ期限付き移籍を発表していましたが、今回2017年夏移籍で清水エスパルスとの契約を解除してベガルタ仙台へ期限付き移籍で加入したと。ここ2シーズンで4チーム目になるんですね。いやめっちゃ動いてるな。

 

で、ベガルタ仙台に加入したということは即戦力で期待されているのだと思います。ポジションとしては主に西村の相棒としてシャドーだと予想されますし、なんならWBもできるかもしれません。まあWBには古林を獲得してますしたぶんシャドーでしょう。少し不安の残るポジションに対して必要な選手をコツコツ集めている印象でしょうか。活躍できるかは未知数の選手ばかりですが、タイプとして適格だと思います。これによって予想される布陣としては

このような感じでしょうか。ここに新加入CBのヴィニシウスがいるのでどこかに入るかもしれません。またCBには増嶋もいますね。最終ラインは少しこれまでと変わるかもしれません。運べてフィードが正確でボール出しを出来る選手が選考ポイントでしょうか。もちろん守備も。

ボランチは三田と富田で固定でしょうね。ここが結構大事なところなんですけどまあしょうがない。そして永戸が長期離脱しているのでWBは中野と古林がメインで蜂須賀がどうなるか。またCFは石原が当分スタメンでしょうけど、状況によってはクリスランを使う感じかと。

で、シャドーですが西村は確定だと思います。いまのところ一番かと。もうひとつのシャドーがいまのところ決定的な選手はいなかったわけですが、おそらく野津田はここに入りそうです。奥埜はまだ求められるものに対して結果を出せていませんし、佐々木匠もポジションを奪えるほどではありません。そしてリャンはどうなった…という感じでここは以前から手薄だったポジションなんですよね。自分もひとりだけ選ぶならここに川崎の大塚ってチョイスしてましたし。

というわけで監督が描いているサッカーに対して「ここのポジションでこういう選手が欲しい」という要求に対してクラブが応えた移籍に感じました。野津田はどのチームでも覚醒したって感じまでは行ってない選手ですし、ベガルタでポジションを掴めるかはまだわかりません。しかしチャンスは必ずあるでしょうからそこで結果を残してチームに足りない部分でしっかり貢献して欲しいですね。

サッカー ≫ 今週の人気記事