柏レイソル対サガン鳥栖でのPK疑惑について

カテゴリ /  サッカー / タグ /  /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年08月10日( 4か月前に投稿 )

J1リーグ第21節の柏レイソル対サガン鳥栖の試合で59分に柏レイソルのクリスティアーノが倒された場面はPKだったのではないかと話題になっているので見てみました。

まず状況としては柏レイソルのGKからDFへ渡り、そこからの縦パスでチャンスを作ってサガン鳥栖の最終ライン裏へボールが出たところでキムミンヒョクがクリスティアーノを倒してしまっています。状況としてひとつ気になるのは主審がこのプレーをどこで見ていたのかという部分なんですが、画面からは見えないので不明です。ただ少し遠かったのかな?という印象。よって副審の判断も重要になりそうですね。

で、結果としてこれはサガン鳥栖のファウルでPKの判定が妥当なプレーだったと思います。状況的に得点機会の阻止という場面となりますので、ボールにチャレンジしていたと判断されればイエロー+PKの判定で、ボールにチャレンジしてないと判断されればレッドカード+PKとなったのではないでしょうか。さすがにこれでノーファウルというのは少しかわいそうかなと。

サッカー ≫ 今週の人気記事