ザスパクサツ群馬が突然のサポカン中止を発表

カテゴリ /  サッカー / タグ / 
リベロの河童
 ( 河童戦術ブログの管理人 )

世界中のサッカーを見ていても思うんですが、やっぱりフロントがアレだとクラブの成績にも反映するんですよね。現在J2リーグでぶっちぎりの最下位に位置しているザスパクサツ群馬ですが、どうやら突然サポカンを中止にしたようです。ハッキリ言ってこういうクラブは選手も人も離れていって最後はなにも残らないってのが現実的にあるかもしれませんよ。

ザスパクサツ群馬「インフォメーション」

日頃より熱いご声援、ありがとうございます。
皆様から、チームの現状を踏まえ、カンファレンス開催の要望を頂いておりましたが、サポーター代表者10名程度との会議形式での開催をサポーター代表者に再度提案、協議した結果、カンファレンス等の開催は見送らせていただくことになりましたので、お知らせいたします。
ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

株式会社草津温泉フットボールクラブ

続きを元のサイトで読む

 

これはもうヤバイ空気が漂ってますね。気になるのは10人くらいの少数を提案したところ拒否されたのか、それが駄目ならやりませんってことでしょうか。ご理解の程と言われてもこれで理解できるひとがはたしているのでしょうか。なんだかこんな短文ではい出しましたってスタンスがイラッとしますしクラブ側の姿勢が伺えますね。

そして、最後の『株式会社草津温泉フットボールクラブ』って誰のことなんでしょう。普通は代表者だったりGMだったり、誰かしらの名前が記されると思うんですが。内部で責任逃れでもやりあってるんでしょうかね。決めたのは俺じゃないから~みたいな。

やっぱりサポーターあってのサッカークラブだと思いますし、クラブがこういう姿勢だったら間違いなく人は離れていくでしょうね。少し調べると偉そうに某媒体で『サッカーで地域を元気にする』『子どもたちに夢を』とか言ってるフロントもいらっしゃるようですが、このままでは良いこと言っておいていざとなったら逃げ回る連中としか思われませんよ。

サッカー ≫ 人気記事ランキング