本田圭佑と香川真司はもう日本代表に必要ないのか?

カテゴリ /  サッカー / タグ /  /  / 
リベロの河童
 ( 河童戦術ブログの管理人 )

日本代表対オーストラリア代表の試合で、これまで何年も主力組を堅持していた本田圭佑と香川真司の出場機会が無かったことについて『世代交代』『不要論』などの文字が新聞各社で目立っていますが、果たして本当にそうなのかというと『まったくもってそんなことはない』と思うんですよね。今回はその辺について。

オーストラリア戦の日本代表は4-1-4-1という布陣を採用しました。これは相手の布陣に合わせて組まれていて、日本代表メンバーの構成も自分たちを中心に考えたのではなく『相手ありき』で、相手にとって一番嫌なメンバーを使っていた印象です。このブログで何度も書いているのですが、ハリルホジッチは自分たちだけを見て11人を選ぶのではなく、まず相手を見て、どうやって相手を攻略するかの戦術があって、そこで初めて自分たちの構成が決めています。

だからこそオーストラリアの3枚に対して日本代表の3枚を当てるためのメンバー構成だったり、相手がどうやって攻撃するかを研究しつくしたからこその井手口山口長谷部の守備構成だったように思います。つまり相手をとことん研究して自分たちの戦い方が決まるので、日本代表のメンバーだけを見ていたら何をしているのかは理解ができなくなってきます。

もし相手が4バックのダブルボランチでハリルホジッチがその隙間を使って攻撃したいとなったら香川真司が適任でしょうし、大迫だけでなく前線やサイドの高い位置で起点を作りたいと考えたら本田を使うかもしれません。そのように相手によって攻略法が違い相手によって守り方が変わるので、今回のオーストラリア戦での戦い方では乾や浅野が最適だったというだけです。

たしかに香川も本田も最近まで負傷していてクラブでの出番があまりなく、状態が完璧ではなかったという理由があるにしても、オーストラリア戦の戦術を見たら最適なのは香川でも本田でも無かったですよね。以前までは自分たちだけを見て、自分たちがやりたいサッカーに最適な11人を選んで、自分たちがやりたいサッカーをやってうまく行けば勝つしうまくいかないと負けるというサッカーをやっていたのですが、ハリルホジッチはまず相手があってそれに最適な11人を選びます。

つまり、香川も本田もこれからの日本代表にとって間違いなく必要な選手たちなのです。相手ありきで構成が変わるのであれば少しでもいろんなタイプの選手を置いておきたいですし、必ず必要になるときは来ると思います。簡単にいうとハリルホジッチ監督のサッカーでは『選ばれた選手全員が主力組』と言っていいかもしれません。刻々と変わる状況や相手の出方によってこちらの打つ手も変わるので、初召集だろうが何歳だろうがそんなことは関係なく相手攻略にとって一番効果的な選手を送り込むわけです。大事なのはそのときのために選手がしっかりと準備をしておくことではないでしょうか。

最後に。繰り返しになりますがハリルホジッチはこれまでの日本代表の考え方から真逆のアプローチで戦っています。自分たちのサッカーと言ってメンバーを固定してどんなタイプの相手にも同じことをやるのではなく、まず相手ありきでそれを攻略するために最適な戦術とメンバーで戦っています。だからこそサッカーファンには評価されている監督ですし、期待されているのだと思います。そして、香川や本田のような選手も必要になったときに100%のパフォーマンスを発揮できるよういつでも準備をしていてほしいと思います。

サッカー ≫ 人気記事ランキング