本田圭佑「(監督と)これからも議論をしていく」

カテゴリ /  サッカー / タグ /  / 
リベロの河童
 ( 河童戦術ブログの管理人 )

これ正直『意味がわからない』んですよね。サッカー協会の理念や方針があり、それによってハリルホジッチが監督として選ばれ、そこで練られた戦術やチームのスタイルについて選手が方向性にまで口を出すというのはさすがに出すぎなんじゃないかと思っています。

もちろんラームやピルロ、シャビのようなトップオブザトップのチームで中心となっている選手が監督とそういうことを話し合うことはあるかもしれませんが、普通の組織でしたらまずは監督の求めるものに対して応えようとするのが選手の役割なのでは。

というわけで今回本田圭佑のコメントが少し気になりました。もちろん細かい約束事や「こういうときはこうプレーしたい」などと言った修正の部分については多少話し合うことはあるでしょうけど、どうしてこれからも議論をしていくなどと言い出しているのでしょう。

本田「監督と議論していく」目指すサッカースタイルに隔たり- 記事詳細|Infoseekニュース

ハリルホジッチ監督と意見をすり合わせていく。パチューカの日本代表FW本田は、自身が志向するポゼッションと指揮官が目指す速攻スタイルには隔たりがある。それでも「監督の考えていることが目からうろこの部分もあるし、そうじゃない部分もある。これからも議論をしていく。チームとして勝ちたい思いは一緒」と持論を語った。

続きを元のサイトで読む

 

例えば日本代表でしたら、長谷部誠のような選手がチームの方向性などについて議論をして監督の求めるものを浸透させようとすることはあると思いますし、必要なことだと思われます。また、守備面に関しては吉田麻也と話し合うこともあるでしょう。そういった部分に関してはこれからも話し合ってすり合わせをしてチームをより良い状態にしてほしいです。

しかし、明らかに本田圭佑の言ってることや出場したときのプレーを見ていると、ハリルホジッチがチームに要求していることとは別の意図を持ってプレーしているように感じます。また、正直に言うと『議論の前に生き残りを賭けたポジション争いのほうに集中されては』いかがでしょうか。現在は完全に代表でポジションを失った状態ですし、先日のパチューカでの試合でもミスを連発していてとてもいい状態とは言えないパフォーマンスでした。

現状ではうまくいってるチームの邪魔になる可能性もありますし、ましてや本田のためにチームを作っているわけではありません。まずはハリルホジッチの求めるレベルでのパフォーマンスを見せてポジションを勝ち取ってからいろいろと議論をされてはどうでしょうか。これまでにも『それはごもっともだけどオレの考えは違った』などと言ってチームが惨敗した光景をサッカーファンは何度も目撃していますし、今回だって本田さんの意見を全面的に取り入れたらチームが崩壊する可能性だってあるわけです。

試合を重ねるごとにハリルホジッチジャパンはうまく機能するようになりましたし、今後はこのスタイルをワールドカップまでの準備期間で試行錯誤しながら磨いていくものと思います。そんなときに横槍を入れるようなことはせず、まずはご自身のパフォーマンスに集中してほしいところです。もちろん本田圭佑がしっかりと走れて今のようなミス連発の状況が改善され選手として使えるようになれば試合でもポジションを勝ち取れるでしょうし監督も耳を貸すでしょう。まずそれが先では。

サッカー ≫ 人気記事ランキング