デスティニー2の評価と感想

カテゴリ /  ゲーム / Destiny2 / タグ / 
2017年09月12日( 2か月前 )
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年09月12日( 2か月前に投稿 )

アクティビジョンがやってるということで話題になっていたけど、他のソフトと発売が重なってしまったりその後の評判があまりよくなかったことで前作はスルーしていたのですが、ついにどんなゲームなのかわからないままディスティニー2をプレイしてみましたので、今回はプレイしてみた感想や評価などを書いてみます。

ちなみにこの記事を書いているのはメインクエストは完了しサブクエストもほとんど終わったパワー272という段階です。さらにそこから進める場合また評価が変わることもあるかもしれませんが、そうなったらまたそのときにでも詳しく書こうと思います。

 

ストーリーはよくわからないけど面白い

マジでこれ。前作からの続きのようで、自分のように事前情報を入れず説明書も読まないままいきなりプレイするタイプの人間にとっては結構意味がわからないんですけど、それでも面白いです。まあ専門用語がわりと多くてやっぱり意味わかんないんですけどね。基本的にこういうタイプのゲームはストーリーの深さや面白さなんてあまり重要ではないんですが、とりあえずデスティニー2から始めたひとは置いてけぼりになると思います。

で、このゲームのジャンルはというと『ハクスラFPS』という感じでしょうか。ゲームの構成はワラワラ出てくる敵を倒してレベルを上げながらレアアイテムの武器や防具を手に入れてでキャラクターを強化し、さらに強い敵とのバトルに挑んでいくというタイプです。そういうタイプのゲームって三人称視点が多いんですけどこれは一人称視点というのが特徴かと。

ハクスラ(ハックアンドスラッシュ)だとは知らずにディスティニー2をやり始めたため、最初の数時間は「あれ、つまんね」とぶっちゃけ思っていたのですが、あ~これはハクスラなんだなと理解できるようになるとめっちゃ面白くなります。たぶん最初の10時間を越えたあたりから楽しさがわかるかと。その楽しさがわかってしまうとハマります。

ちなみに自分が一番最近プレイしたハクスラってなんだろうとふと考えてみたところセイクリッド2でした。あれ以来数年ぶりのハクスラとなりまして、この「ハクスラの楽しみ方」がわかるひとには滅茶苦茶面白いゲームですし、あと2~3人のフレンドがいて一緒にやるという人にはさらに楽しめるかと思いますよ。

 

ゲームタイプはストーリー、対戦、Co-op

このゲームってよく考えられていて、いろんな楽しみ方を求めるニーズにある程度いろいろと用意してるんですよね。メインのストーリーもひとりで攻略するだけでなくその気になればパーティを組んで進めることもできますし、対戦もひとりでクイックマッチで楽しむこともできるしパーティも組める、協力ミッションでも知らない人とマッチングされるのでひとりで参加してもワイワイできるし、いろんな楽しみ方が可能です。

で、大きく分けるとストーリーを進めるミッション、プレイヤー同士での対戦(クルーシブル)、3人組で協力してミッションをクリアするコープ(ストライク)などがあります。これをすべてひとりでも参加できるしフレンドとパーティを組んだり野良で参加もできるようになっていると。

ちなみにオープンワールドではなく、大きなマップがいくつかに分割されていてそのエリアを移動しながら進める形になっています。それぞれのエリアによって雰囲気がだいぶ違うのもいいですね。どこまで行っても同じ景色ということはなく結構ちゃんと作られています。

 

FPSが少し苦手でもできるようになっている

照準を合わせるのが苦手でFPSはちょっと…という方でも楽しめるように、かなりエイムアシストが強めに設定されています。照準を合わせようと構えると敵にかなり吸い付きますし、だいたいで撃てばわりと当たります。そのためCODやBFのような正確なエイムは必要なく、結構大雑把でいいのでその点は心配ないと思われます。

コツとしてはエイムよりも状況判断でしょうか。ダメージを受けても少し経つと全回復するシステムなんですが、その押し引きがわかってくると楽に進めれるかと。無理はせず体力が減ったら一度撤退して回復したらまた攻撃という感じ。丁寧にプレイするのが一番速いかもしれませんよ。

まあでもやっぱりFPSですし、ジャンプしたり動きが結構激しいので画面で酔ってしまう方ももしかするといらっしゃるかもしれません。これはもう慣れというか、慣れます。この辺はどうしても個人差があると思うので、もし平気という方でしたらおすすめですよ。

 

メインクエストで十数時間、サブ入れて100時間、強化はずっと

一応メインクエストを中心にそれだけやっていくと十数時間でクリアできると思います。それほど長くなく短すぎもしないちょうどいいくらい。ただしサブクエストが大量に用意されており、それも丁寧にクリアしながら進めると100時間くらいはかかります。さらにそこからもキャラクターの強化は続けることができるようになっていて、そうなるともう終わりません。ずーっと楽しめます。

さらにこれからも定期的にコンテンツが投下されていくようなので、上限がちょっとわからないというくらいですね。簡単に言うとストーリーをクリアするまでが序盤というか。そっからがハクスラの本領発揮です。繰り返しのクエストや対人戦や協力プレイによってさらに強い武器や防具を入手してどんどん強化できるので、本当にはてしない。

ただし無理に上を目指すだけでなく、結局プレイヤーにあわせた楽しみ方が出来るので、ゆっくりもできますしひたすら上を目指すこともできます。まあいろんなひとがいろんな楽しみ方をできるゲームかと。

 

評価など

グラフィック:最近のゲームにしては普通。そんなに滅茶苦茶綺麗というわけではないですが、結構高いレベルにあります。ただしフレームレートが遅延するということはありませんが30fpsくらいで安定しています。まあ丁度いい感じではないでしょうか。ヌルヌルしすぎると酔うこともありますし。

音楽:雰囲気に合っていると思います。まあ銃の発砲音が若干アレなんですけど許容範囲かと。

ゲームタイプ:ハクスラ(ハックアンドスラッシュ)だと思います。一人称視点でFPSゲームのように敵を倒しながらドロップするアイテムでキャラクターの武器や防具を強化していくゲームです。星によってエリアが分かれていて、そのエリア一つ一つが結構大きいのでMAP全体としてはわりと巨大とまではいきませんが丁度いいかと。

難易度:ストーリーの難易度はそれほど高くありません。まあ普通。ただしエンドコンテンツを狙うのであればかなり難易度が高くなっており、そこまでやり込むかはそれぞれプレイヤー次第かと。上を見たらキリが無いというか。

対人戦(クルーシブル)は4対4で、クイックプレイではCOD的に言うと相手をひたすら倒すチームデスマッチ、キルコン、ドミネーションなどがあります。4対4ってのが人数少ないかなとも思うのですが、交戦頻度は高いのでわりと人数の少なさは感じません。あと画面のミニマップには敵の位置がある程度わかる仕組みもありますし、隠れててもあっさりやられるのでみんな突撃する感じですね。あとかなり硬いです。CODの3倍くらいは硬いのである程度味方と固まって行動しないときついです。競技的なものと比べると結構ハチャメチャですけど、これでもアイテムドロップがあるのでそれを目的にやるのもいいかと。

Co-op(ストライク)ですが、わりと知らない人とマッチングして野良参加しても目標がハッキリしているのでみんな普通にプレイしてますし楽しめます。もし味方が倒れた場合は蘇生で復活させることができます。もし蘇生できなかった場合は結構な時間待たされるのでできるだけ蘇生してあげましょう。あとこのストライクのナイトフォールというのがやばいですね。やり込んで慣れたら手を出してみましょう。

 

総合評価:8/10

マイナス1点は初心者にとってストーリーがよくわからなくて置いてけぼりということ。もう少し今作から始めた人にとってもわかりやすいストーリー展開だったらもっと感動できたかもしれません。そしてもうあと1点分のマイナスですが、専門用語がかなり多くなんのことを言ってるのかわからないことが多すぎです。またそれを説明する文章でも専門用語が使われているのでほんと意味がわからん。この点はなんとかしてほしかったですね。

ただしそれ以外の部分はかなり面白いです。自分は前作未経験で今作からやったのですが、まあハクスラがどういうものか理解しているからかもしれませんがかなり楽しめました。ミッションひとつひとつに感動のストーリーがあるわけではなく結構意味がわからないんですけど、そういうのではなくワラワラ湧いてくる敵をひたすら倒し、そこでドロップしたアイテムでキャラクターを強化したり見た目を変えたりしていくのが面白いですね。それを楽しめる人ならハマるでしょうきっと。

まあまだまだこのゲームにはわからないことだらけなんで、そういったところをこれから少しずつわかりやすいように記事にしていこうかと思います。というわけでデスティニー2はやってみると予想よりもはるかに面白いぞ。

ゲームDestiny2 ≫ 今週の人気記事