甲府監督『ドゥドゥ交代』ドゥドゥ『お願いだから下げないで』⇒ドゥドゥ半端ない決勝ゴールを決める

カテゴリ /  サッカー / タグ /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年09月30日( 3週間前に投稿 )

柏レイソル対ヴァンフォーレ甲府の試合でのこと。0-0で迎えた75分に、ヴァンフォーレ甲府の吉田達磨はここで2人の交代選手を用意し残り時間を戦おうと手を打とうとしたのですが、なんとそれを交代で下がる予定だったドゥドゥが拒否し、ピッチに残ってプレーしたいと訴えます。

 

なかなかここまで『俺を下げないでくれ!』と訴える日本人はいないでしょうねw 10番という交代のボードも出ていますし、そこまで行ってから交代を拒否して残るって凄い。まあそれだけこの試合は引分けで終わらせるのではなく勝ちたいんだという意思の表れなのかもしれませんけど、さすがという感じ。

 

そして試合終了まで残りわずかとなった89分に、その交代を拒否したドゥドゥが結果を出します。自陣でボールを持ったドゥドゥはそのまま相手ゴールに向かって前進し、そのまま個人でゴールを奪ってしまいました。

いやほんと半端ないですね。本来ならば交代してピッチ上にはいなかったはずの選手ですし、それを拒否してピッチに残りたいと訴え、そしてチームを勝利に導くゴールを個人の突破で決めてしまうというのはなかなかできることではないですしかっこいい。

また、一度は決めた交代について選手の主張を受け入れてピッチ上にその選手を残し続けた監督の判断もなかなかできることではないと思います。それによって勝敗が左右することもあるわけですし、監督の器が大きくないと交代拒否を受け入れないでしょう。そういう意味では交代を拒否して結果を出したドゥドゥも凄かったんですが、吉田監督の判断も素晴らしかったように思います。

 

そして1-0とリードした甲府は後半ロスタイムも残りわずかという段階であらためてドゥドゥを交代で下げました。ピッチを後にするときのしぐさがなんか可愛いですね。まあ甲府の前はレイソルにいた選手ですし、そういう意味も込めた挨拶だったのかも。

サッカー ≫ 今週の人気記事