PK失敗のオスカルに対し浦和レッズの森脇が挑発した件について

カテゴリ /  サッカー / タグ / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年04月11日( 8か月前に投稿 )

誰でも試合中にテンションが上がってしまって抑えきれないことももちろんあるでしょうけど、正直これはやりすぎだと思いまして取り上げておきます。さすがにこれは酷い。

 

2度PK失敗のオスカル、「浦和はオーガナイズされたいいチームだった」 (SOCCER KING) – Yahoo!ニュース

試合は44分にラファエル・シルバの得点で浦和が先制すると、追いかける上海は後半に2度のPKを獲得したが、キッカーを務めた元ブラジル代表MFオスカルはいずれも決めることができず、1-0のままタイムアップを迎えた。

続きを元のサイトで読む

浦和レッズ対上海上港の試合はオスカルが2回PKを失敗するなど幸運もあり、浦和レッズがなんとか逃げ切りました。で、この2回目のPKが失敗したときに事件がおきます。

 


2度目のPKを失敗したオスカルのもとへ森脇が向かっていき、正面に割り込んで挑発するようなポーズをとっていますね。その直後すぐさまGKの西川に静止させられてはいますが、こういうのは本当にプロのサッカー選手として、また人としてどうかと思います。

 

たぶんこの件でのちに森脇が処分されたとしても、ほとんどの日本人は抗議することも無く、その処罰を好意的に受け止めると思いますよ。あんなのは日本を代表して戦っているクラブの選手にはやってほしくないですね。

サッカー ≫ 今週の人気記事