ロシアワールドカップ組合わせ抽選は12月1日24時から

カテゴリ /  サッカー / タグ / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年12月01日( 2週間前に投稿 )

ワールドカップで上位進出を狙えるかどうかがここで半分くらいは決まると言ってもいい組み合わせ抽選がいよいよ12月1日24時から始まります。ロシアワールドカップでの日本代表は第4ポットとなったうえ、強豪国が第2ポットへ入っていることもあって結構厳しい組み合わせも予想されています。

一番きついのは第1ポットでブラジルやドイツが入り、第2ポットでスペインなどが入るパターンでしょうか。もうそうなってしまうと日本の実力どうのこうのではなくなりそうな気もしますね。このポット分けはFIFAランキングによって振り分けられているわけですが、日本代表はポイントが高いザック時代の2014W杯やアギーレ時代のアジアカップ、そしてコンフェデに出場できなかったことなどもあって最近はポイントが伸び悩んでいました。というわけでではまず各国のポット分けから。

 

ポット1

ロシア
ドイツ
ブラジル
ポルトガル
アルゼンチン
ベルギー
ポーランド
フランス

ポット2

スペイン
ペルー
スイス
イングランド
コロンビア
メキシコ
ウルグアイ
クロアチア

ポット3

デンマーク
アイスランド
クロアチア
スウェーデン
チュニジア
エジプト
セネガル
イラン

ポット4

セルビア
ナイジェリア
オーストラリア
日本
モロッコ
パナマ
韓国
サウジアラビア

 

やはりイタリアやオランダ、チリといった国がW杯出場できなかったというのは驚きでしたが、そのぶん他の国もどんどん強くなっていますからね。どの国と対戦することになったとしても簡単に勝てる国はひとつもなさそうですし、逆に言えばどんな強豪国でもグループステージで敗退もあり得る気がします。ちなみに2006W杯で優勝したイタリアは2010W杯でGS敗退、2010W杯で優勝したスペインは2014W杯でGS敗退するなど、前回優勝国がGSで敗退するというケースが続いています。2014W杯で優勝したドイツは果たして…

 

シミュレーター

2018 FIFA World Cup Final Draw Simulator – ULTRAZONE

Russia 2018 World Cup Draw Simulator

 

試しにシミュレーターをやってみたところこのような感じになりました。いろいろと検討してみたのですが、今回は結構厳しめのグループに入る確率が高そうな気配ですね。日本をはじめとした第4ポットの国が決勝トーナメントへ進出するには、1強3弱の構成になり2位を狙うか、間違いなくここは安泰だろうという強豪国がコケて混戦になるなどのケースを期待することになりそうです。

まあなんと言っても大事なのは『初戦』でしょうか。最初の試合で勝点を奪えるかどうか。もうここでほぼほぼ決まってしまう場合が多く、組み合わせも大事ですが、初戦でどの国と戦うことになるのか、このポイントにも注目です。

サッカー ≫ 今週の人気記事