セレッソ大阪の失点は事故ではなくミスかも

カテゴリ:技術・戦術 タグ:
リベロの河童
投稿者: ( 管理人 )
公開日:2017年05月06日( 3か月前に投稿 )

柏レイソル対セレッソ大阪で柏レイソルの先制点についてですが、最初は「これは事故だ」と思ったのですが、よくよく見ると偶然起きた事故というよりは、セレッソDF丸橋の判断ミスかもしれません。

このときセレッソ左SBの丸橋には空いてるパスコースは左SHとGKの2つがありました。まあそこへのパスはリスクがあると判断してクリアしたのだと思いますけど、気になったのは蹴る方向ですね。


このとき丸橋は体が右サイドへ向いていて、同方向からクリスティアーノがプレッシャーをかけてきています。

時間と余裕があれば柿谷が空いていたのでそこへパスを出せれば一番良かったのですが、クリスティアーノのプレッシャーが速かったためクリアを選択したと思われます。また、右からきてるので左に切り替えして左へクリアという選択肢もあるかと思います。ただ、自分の右側から来ているのに丸橋は右側へクリアしてしまいましたね。それじゃあ当たるよねっていう。

まあその瞬間の判断ですので予想よりもプレッシャーが速かったというのもあるかもしれませんが、プレッシャーと同じ方向へ蹴ってたらまた当たりますよきっと。

河童戦術 / 今週の人気記事