風間グランパスの失点が見たことないほど酷すぎる

カテゴリ:技術・戦術 タグ:
リベロの河童
投稿者: ( 管理人 )
公開日:2017年05月13日( 3か月前に投稿 )

大分トリニータが3-0と大きくリードしたあと、名古屋グランパスもシモビッチの半端ない足技からのゴールで1点を返し、さあまだ時間はあるぞ!という状況だったのですが、もうミスを挽回する気力も残ってなかったのでしょうか。ここで奪われたらやばいぞっていう位置で田口がボールを失います。そして….

フットサルをやっていると試合終盤でたまーにこうなることはありますが、サッカーの、それもプロの試合でここまでの状況になるのは滅多に無いですね。ちなみに大分の左サイドの選手もフリーだったのでもし走ってれば4人対GKひとりだったかも。

ここでCBがボランチの田口にボールを出して、自分はスペースに上がったんですが

それを田口が奪われてしまいこの状況に。この画像の左に名古屋CBはもうひとりいます。ただし、このボールを奪われた直後に名古屋の選手はほとんど誰も反応できていませんでしたね。そして、残ったCBも3対1ではどうすることもできなかったようで、遅らせようとするよりも一か八かで奪いにいって華麗にかわされGKがかわいそうな状態に。

もちろん田口があの場所で簡単にロストしてしまっていたらどうしようもないのですが、その後の切り替えも遅く、もう集中が切れてしまっていたかのようなプレーでしたね。残念です。

河童戦術 / 今週の人気記事