ツイッター:@39ft フェイスブックページ

香川真司のアシストは何が凄かったのかを語る


投稿者:リベロの河童( About )

ただ「海外移籍しました」ではなく、そこで活躍し、どの選手からも一目置かれどのチームも欲しがるような選手になるためにはやはり「武器」が必要なわけです。その武器を持っている数少ない日本人選手が香川真司だと思っていて、日本人選手の中で特に好きなタイプでもあります。

で、先日のドルトムント対ブレーメンの試合でもアシストを記録したわけですが、そのシーンに彼の良さがよく出ていたなあと思いました。

この場面。もちろんアシストもそうなんですが、特にその前の部分が本当に素晴らしかったですね。

ここでは相手に寄せられていてパスを受けることができません。で、香川はここで無理に動こうとはしないんですよね。この次、もしくはその次の展開を予測して、その時点で自分がフリーになれる状況を考えます。

パスがシャヒンに戻された時点。ここで香川は縦パスのコース(線が引いてあるところ)ができると予測しボールを呼び込んでいます。このコースをシャヒンと香川が同じようにイメージできていたところがまず凄いですね。

シャヒンと香川同じ予測をしたイメージ共有によってこのクソ狭いパスコースを作り上げます。そして香川はこのときフリーで、ゴールに対して背を向けています。

で、ファーストタッチの時点ではゴールに対して横向きになっています。普通はボールを受けたときは後ろ向きの選手が多いです。ここで前側の視野が確保できているかどうかで次の展開が決まるのです。もちろん後ろ向きにトラップしてから2タッチ目で前や横を向いていたら遅く、ファーストタッチで横向き(前向き)になっていることが大事です。

ファーストタッチで体の向きを整えていたことでこの2つのコースにパスを出せる状態になっていました。特に右側のコースはあのトラップでなければこのタイミングでは出せませんでしたね。つまり、香川真司の「武器」とは、この一瞬しか空いてない狭いスペース(特にバイタルエリア)でもボールを前向きで受けることができる技術だと思います。あのボールの引き出し方とこのトラップがあって生まれたゴールでしたね。

もちろんアシストも上手ですし大事でしたが、まず「これがShinji Kagawa」というプレーはこのボールを引き出す動きとトラップではないでしょうか。半端ない。

サッカーの話題をもっと見る