FC岐阜対Vファーレン長崎の試合終了間際の得点が認められなかった原因について

カテゴリ /  サッカー / タグ /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年05月21日( 7か月前に投稿 )

FC岐阜対Vファーレン長崎の試合の終了直前、岐阜が同点となるゴールを決めます。

これで4-4となり、試合終了まではもうワンプレー残っているかどうかという状況。そしてその試合再開が話題に。

なんとキックオフ直後に放り込んだ長崎が劇的にゴールを決めた!!と思いきや、なぜか岐阜ベンチは猛抗議をしています。

そして先ほどの長崎のゴールは認められず、キックオフ再開となりました。で、この原因ですが

試合ハイライト映像ではちゃんと映っていたのでわかったのですが、キックオフで再開するとき、長崎の選手がひとり相手陣地までめっちゃ入り込んでますねwさすがにこれは焦りすぎ…これによってゴールは認められず、試合は4-4の引き分けで終了しました。

サッカー ≫ 今週の人気記事