U20ワールドカップは3位でも決勝トーナメント進出できる可能性あり。日本代表の突破条件は

カテゴリ /  サッカー / タグ / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年05月25日( 7か月前に投稿 )

32カ国が参加して開催されるワールドカップの場合は4チームが8つのグループに分かれて戦うので、そのグループ上位2チームが決勝トーナメントに進むという形式になっています。しかし、U20ワールドカップの本大会は24カ国で行うため、少し決勝トーナメント進出についてフル代表のW杯とは違う部分がありますのでまとめておきます。

 

U20ワールドカップのレギュレーション

参加国:24

グループ:4チームずつ6グループ

各グループ上位2チーム(2×6=12)は決勝トーナメント進出確定

各グループ3位(6チーム)のうち成績上位4チームは決勝トーナメント進出

 

グループステージでの順位の決め方ですが、まず1で比較し、同じなら2、それも同じなら3….と続きます。

 

1.勝敗ポイント(勝利3、引分1、敗北0)

2.得失点差(ゴール数 – 失点数)

3.ゴール数

4.当該チーム同士の試合の勝敗ポイント

5.当該チーム同士の試合のゴール差

6.フェアプレーポイント
 イエローカード:-1点
 2枚目のイエローで退場:-3点
 一発レッドで退場:-4点
 イエロー提示後に一発レッド:-5点

7.FIFA組織委員会が抽選

 

そして、上記の順位決定方法で3位になった6チームのうち4チームが決勝トーナメントへ進むわけですが、その決め方は

 

1.勝敗ポイント(勝利3、引分1、敗北0)

2.得失点差(ゴール数 – 失点数)

3.ゴール数

4.フェアプレーポイント(上記参照)

5.FIFA組織委員会が抽選

 

以上のようになっています。ちなみに抽選とはあのガラスの容器にボールを入れてひとつ選ぶやつですね。では、これに2試合を終えたU20日本代表を当てはめてみます。現在のグループDの順位表は

1.ウルグアイ 勝点6 /
2勝 0分 0敗 / 3得点 0失点 / 得失点差+3

2.イタリア  勝点3/
1勝 0分 1敗 / 2得点 1失点 / 得失点差+1

3.日本代表 勝点3/
1勝 0分 1敗 / 2得点 3失点 / 得失点差-1

4.南アフリカ 勝点0/
0勝 0分 2敗 / 1得点 4失点 / 得失点差-3

 

U20日本代表は2試合を終えた段階で3位となっていて、最終節はイタリア代表との対戦となります。ではここからは最終節のシミュレーションをしてみます。

日本がイタリアに勝った場合:これは文句無く日本の決勝トーナメント進出が決定します。

日本がイタリアと引き分けた場合:引き分けるとイタリアの2位と日本の3位が確定します。その場合日本は他のグループの3位と比較されるわけですが、現段階でほかのグループの3位はどんな成績なのかというと(Bだけ3試合経過、それ以外は2試合経過時点)

A.アルゼンチン(3試合)
勝点3 得失点差+1 得点6 FP-9

B.ドイツ(3試合)
勝点4 得失点差-1 得点3 FP-8

C.ポルトガル(2試合)
勝点1 得失点差-1 得点2 FP-6

D.日本(2試合)
勝点3 得失点差-1 得点2 FP-1

E.ベトナム(2試合)
勝点1 得失点差0 得点4 FP-10

F.サウジアラビア(2試合)
勝点3 得失点差-1 得点2 FP-5

ここで上位4チームに入れば決勝トーナメントへ進めます。もし日本が最終節を引き分けて3位になった場合は勝点4となりますので、結構有利な状況なんですよね。まあ得失点差ではそれほど有利ではないため、ウルグアイ戦のあの最後の失点が無ければ….なんてことにならないことを祈ります。

日本がイタリアに負けた場合:日本がイタリアに負けたときですが、もし南アフリカがウルグアイに2点差つけて勝つと日本の最下位が決まります。南アフリカが1点差で勝ち、日本がイタリアに1点差で負けた場合はゴール数勝負になるので最終節次第。それも同じだった場合はフェアプレーポイント。そこも同じなら抽選。

まあウルグアイはすでに決勝トーナメント進出が決定したので、最終節は控え組中心で臨むと予想されます。そして南アフリカもまだ可能性は残っているのでウルグアイに勝ちにいくでしょう。つまり日本は最終節、勝てばOKですが、もし残り時間で引き分けているか負けている場合でも、無理に勝ちに行って大量失点というケースは防がなくては。

サッカー ≫ 今週の人気記事