悲報:J2の選手はJリーガーではなかったらしい

カテゴリ /  サッカー / タグ / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年05月26日( 5か月前に投稿 )

これは結構前(4月15日)のテレビ東京で放送されているSPORTSウォッチャーという番組の特集での映像だったようですが、このとき表示されていたテロップについて、ツイッター界隈では最近話題になっています。

まずテロップには「これがハリルJの秘密兵器だ!Jリーガーにもなれなかった男”カトウ”」とありますね。ちなみにこのカトウとは、先日日本代表に初召集された加藤恒平選手のことです。

そして加藤恒平の経歴を紹介するにあたり「Jリーガーにもなれなかった」と説明テロップを表示したわけですが

2012年3月 –  FC町田ゼルビア
2013年8月 –  FKルダル・プリェヴリャ
2015年7月 –  TSポドベスキジェ・ビェルスコ=ビャワ
2016年7月 –  PFCベロエ・スタラ・ザゴラ

このように加藤選手は2012年から当時J2だったFC町田ゼルビアに在籍してましたし、リーグ戦にも29試合出場していたようです。さらにタチの悪いことに画面では「J1でプレーした経験もなく」とも表示されてますね。もしかしてテレビ東京が言いたいことは「J1はJリーガーだけどJ2の選手はJリーガーじゃねえんだよ」ってことか?

実はこのときの町田ゼルビアはシーズン後にJFLへ降格していますので、1年勘違いした可能性もあります。ただし、Jリーグに所属しているクラブの選手は皆Jリーガーですので、こういった間違いはあまりよろしくないですね。まあ加藤恒平のようなわりと世間では無名の選手をいちはやく取り上げていただけるというのはありがたいことでもありますし、是非とも次はミスの無いようよろしくお願いいたします。

サッカー ≫ 今週の人気記事