柴崎岳について同じYahoo!個人のオーサーでもPV狙いの下衆ライターと現地取材ライターではこんなにも評価が違う件

カテゴリ /  サッカー / タグ / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年05月31日( 5か月前に投稿 )

現地へ行って自分の足で取材をされたライターと、結論ありきで妄想によってPV狙いの記事を書くライターではこれほど中身が違うのか。ということについてこの記事を読んでいただけると強く感じるかもしれません。

まずは柴崎岳について、ろくな取材もせずに何本も批判記事を書き続け、ひたすら叩いていた方についてはこのブログで先日書いた記事が参考になるかと思います。なおこの記事への反響はかなり大きく、ツイッターで700RT以上、はてブでも100を越える反応をいただきました。それだけサッカーファンの間では不満が溜まっていたのでしょう。

あれだけ柴崎岳を叩いてたスポーツライターは活躍した途端ダンマリですか|Kappa Blog

ではこの期間、ジャーナリスト様がろくな取材もしないまま柴崎岳についてどんなことを書いていたのか、抜き出してみようと思います。

まず、ボランチとしてはリーガのレベルに達していないだろう。トップ下としては大いに可能性を感じさせる。左サイドハーフで、PASILLO INTERIORを攻め立てるプレーも評価されるだろう。しかし、プレーリズムの順応や言葉の壁は高い。2,3試合は悪くないだろうが、シーズンを戦いきる力はないだろう。

スペインはプレーインテンシティがJリーグよりも格段に高くなるだけに、今の柴崎にポジションは見当たらない。

柴崎はあくまで、マドリー相手の2得点という評判のみが先行している印象である。それが煙の正体だろう。
「大陸にマーケットを切り拓く」
MARCAはそういう表現で、柴崎の移籍を説明しているが、この感覚は20年前と比べて進化していない。日本人選手=日本企業のスポンサー契約獲得とユニフォーム販売やグッズの売り上げの飛躍的向上。単刀直入に言って、純粋な戦力としては見なしていないのが現状だ。

客観的に見て、今の柴崎では定位置をつかむのは難しいだろう。語学面のハンデも大きい。さらに言えば、年俸も大きく下げたはずだ。

「ちやほやされてばかりで、言葉も分からない東洋人にポジションを奪われるんだ!」
ロッカールームでネガティブな風潮ができると、日本人選手は必ず孤立する。こうなっては厳しい。友人関係、信頼関係を築く前に、コミュニケーションが破綻するのだ

柴崎のプレーが合うのはオランダやドイツの下部リーグ(住みやすく、日本人の気質やプレースタイルに理解がある)で、スペインでは厳しいだろう。

柴崎は茨の道と知っても、スペイン行きを熱望したという。もしなにも爪痕を残せずに撤退するならば、そのときは批判に晒されるべきかもしれない。情けない失敗は、後に続く日本人選手の可能性を萎ませるからだ。

続きを元のサイトで読む

では逆に、実際に自分で足を運んで取材をされたバルセロナ在住の豊福晋さんが公開された記事ではこのように書かれていました。(比較のために全文抜き出しますすみません)これを見ると現地での評価はまったく逆だということが推測できます。

「柴崎はスペイン1部でも活躍できる」。テネリフェ監督が語る、柴崎を攻撃の中心に据える理由。(豊福晋) – 個人 – Yahoo!ニュース

柴崎岳の評価がスペインで急激に高まっている。

リーグ戦では5試合連続で先発し、前節のアルコルコン戦では初ゴールも決めた。

地元メディア選出のマンオブザマッチではすでに常連だが、前節はリーグ連盟の“今節の最優秀選手”のひとりにもノミネートされた。

すでに1部はシーズンが終わっているため、現在サッカーファンの注目を集めるのは1部昇格争いだ。そんな中、終盤戦の主役のひとりとなった柴崎の名は、全国に広まりつつある。

先発に固定していることからも、監督の柴崎への評価が高いのは明らかで、会見でも称賛することは多い。

それでは、具体的に柴崎のどの部分を評価しているのかー。

ホセ・ルイス・マルティ監督をテネリフェの練習場で直撃した。

パウザを与える存在
「一番はチームに“パウザ”を与えられること、だ」

柴崎の能力について問うと、マルティはそう答えた。“時間”や“タメ”というニュアンスである。彼は続けた。

「ピッチの上で常に冷静で、タメを作ることができる。彼にボールが渡ればゲームが落ち着くんだ。フリーの選手を探すのもうまい。今日のサッカー界では、そういう選手を見つけるのは簡単じゃない」

事実、ここ数試合、テネリフェのサッカーには変化が見られた。

以前は勢いよく前線へロングボールが届けられたが、今ではそこに一工夫はいるようになった。柴崎がそのための時間を作り出し、2列目から連動して崩す回数も増えた。

テネリフェにはエースFWのアマトをはじめ、ドリブラーのスソ、アーロンなど、縦への勝負が持ち味の選手が多い。はまれば爆発的な攻撃力になるのだが、単調にもなりやすい。

縦への攻撃が中心だったチームに柴崎が入り、欠けていたタメとつなぐ意識が加わり、攻撃にも幅が出つつある。

それこそが、マルティが柴崎に求めていたものだった。

周囲を驚かせた言語力
練習場の芝の上では、柴崎がチームメイトと笑いながらロンドをこなしている。

1部昇格のプレーオフ進出が近づき、チームの雰囲気はいい。

「想像していたよりも、ガクの最初の適応には少し時間がかかったかもしれない」とマルティは振り返る。

「しかしそれも普通のことだ。彼は日本からやってきたわけだし、ヨーロッパという環境や、スペイン語という言語への適応など、簡単じゃなかったと思う。私は過去にマジョルカでアキ(家長昭博)と一緒にプレーしていたから、日本人にとってスペインへの適応がどれだけ大変かはわかっている。ただ、ガクはピッチの上ではすぐに溶け込んだ。私は急がせずに適切なタイミングを見て慎重に起用したが、それ以降は彼が自らポジションをつかんだ。素晴らしいプレーを見せてくれている」

家長のボールテクニックは秀逸だった、とマルティは言う。しかしややシャイで、コミュニケーションをとるのは難しかった、とも。
「ガクはコミュニケーション面では全く問題ない。驚いたのは、彼のスペイン語の習得のスピードだ。我々は当初、通訳をつける予定だった。でもあまりにも習得が早いので、実際に通訳をつけたのは最初の4、5日だけ。その必要がなかったんだ。練習メニューを説明しても、ガクはすぐに理解してこなす。複雑なメニューも、一度手本を見せればあっさりとね。頭がいいんだろう」

テネリフェの練習を見ていても柴崎はチームに完全に溶け込んでいる。練習が止まることもなければ、誰かが付き添って説明するわけでもない。コーチ陣の説明に耳を傾け、チームメイトをよく観察している。

指揮官が感心するのは技術面だけではなく、そんな柴崎のピッチの上での知性だという。

「ガクのプレーを見ているとインテリジェンスを感じる。もともとパス能力の高さは知っていたが、実際に見て驚いたのはマークを外す動きの質だ。スペースを見つけるセンスがあり、ものすごくスピードがあるというわけではないが、飛び込んでいくタイミングが素晴らしい。だから得点にも期待しているんだ」

スペースを察知する能力
初得点も、柴崎のマークを外す一瞬の動きから生まれている。指揮官はこの長所を活かそうと考え、攻撃の中心、4-2-3-1のトップ下に固定した。

「初得点を決める前のレバンテ戦も、4、5回スペースへのいい飛び出しがあった。そこにボールが出てこなかったのは残念だったが・・・。どこにスペースができるのかを読む目が鋭い」

柴崎はトップ下に入り、パスを散らしてはスペースへ飛び込んでいく動きを繰り返している。左サイドもこなし、加入当初はボランチの一角でも試された。

「マークを外して空いたスペースへ飛び込んでいく才能は、現在のトップ下のように、前目のポジションで生きてくる。ベストポジションは左サイドかトップ下だろう。運動量もあり、ポジショニングのセンスもいいのでボランチでも使えるが、私は相手のエリアに近い位置で起用し、得点に絡む能力をできるだけ生かしたい」

現役引退後、監督になってからはまだ2年目。マルティの夢はもちろん、テネリフェを1部に昇格させることだ。

彼にはある確信がある。

「ガクは1部でも活躍できる。その資質があるし、1部のリズムにさえ慣れれば、あのレベルで十分やれる」

柴崎の契約は半年間。彼の未来は、チームが1部に昇格できるかどうかにも影響される。

来季、1部の舞台にふたりの姿はあるのか。超えなければならない壁は、あと少し残っている。

続きを元のサイトで読む

やっぱり受ける印象が全然というか180度違いますね。取材もせず「オレの友人はこう言ってる」という謎理論でPV欲しさに選手を叩くライターと、実際に現地で取材をして自分の意見をしっかりと綴るライター。あなたはどちらを信じますか?

サッカー ≫ 今週の人気記事