済州監督がACLでの乱闘騒ぎについて「一方的な事故ではない。浦和も悪い。」

カテゴリ /  フットボール / タグ /  /  /  / 
リベロの河童
 ( 管理人 )

都合のいいところを掻い摘んで抜き出したのかこれ?という謎の記事が出ていましたのでもう少しちゃんと見てみようと思います。この件について詳しくは↓の記事でまとめています。

ACL浦和対済州は浦和が勝利したものの韓国の済州ユナイテッドFCが酷すぎ。槙野は全力疾走で逃げ回る|Kappa Blog

なぜか槙野さんが執拗に追い回され、済州の選手が全力で追い回すなか、槙野選手がロッカールームへ全力で逃げていく様子も映ってました。

続きを元のサイトで読む

ではこのAFCチャンピオンズリーグの浦和対済州(観光)で起こった騒動について、浦和レッズが抗議書を提出することや済州の公式サイトでの発表などを日刊スポーツは以下のように報道していました。

済州、HPで乱闘騒動謝罪「マナー見せられず残念」 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

浦和レッズは1日までに、5月31日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦第2戦の済州戦(埼玉)での乱闘騒ぎを受け、主管のアジア・サッカー連盟(AFC)に「抗議書」を提出する方針を固めた。

済州のホームページには「いい試合といいマナーを見せられずに残念。フェアプレー精神を守れず申し訳ない」という内容のサポーターへのメッセージが掲載された。韓国の京郷新聞は「ゴールもマナーも守れなかった」の見出しで、2-0からの逆転負けと試合後の騒ぎを批判した。

続きを元のサイトで読む

なんだかとてもお行儀のいい、自分たちの非を認めたような印象を受けますね。じゃあ実際のところはどうなのか。というわけで済州ユナイテッドの公式サイトになんて書いてあるのか調べてみました。

제주유나이티드

조성환 감독의 얼굴이 더욱 굳어진 이유는 경기 종료 후 우라와 선수단과의 충돌 때문이었다. 이 과정에서 제주에서는 교체 명단에 있던 백동규가 퇴장을 당했다.

조성환 감독은 패자의 매너도 필요하지만 승자의 매너도 필요하다. 강한 승부욕으로 페어플레이에 어긋난 행동을 한 부분에 대해서는 죄송하다. 이로 인해 제주가 더 발전할 수 있는 계기가 됐으면 한다 라고 말했다.

충돌 원인에 대해서는 정확한 것은 파악해야 한다. 일방적인 사고는 없다고 본다. 상호간의 액션과 말이 오갔기에 충돌이 생겼다. 그냥 마무리가 될 수 있는 장면이었는데 우라와 선수가 승리의 세리머니를 우리 벤치 쪽으로 하면서 자극했다 라고 답했다.
続きを元のサイトで読む

朝鮮語はさすがにわからないので機械翻訳さんにもお手伝いしてもらいました。日刊スポーツの記事と自分の翻訳を並べて比較してみます。

 

日刊スポーツ『済州のホームページには「いい試合といいマナーを見せられずに残念。フェアプレー精神を守れず申し訳ない」という内容のサポーターへのメッセージが掲載された。』

公式サイト翻訳『済州監督は「敗者のマナーも必要だが、勝者のマナーも必要である。勝ちたい気持ちがフェアプレーに反する行動になってしまい申し訳ない。これにより済州がさらなる発展ができるきっかけになったらと思う」と述べた。衝突の原因だが正確なことは(しっかりと)把握しなければならない。ただし一方的な事故ではないと思う。お互いのアクションが蓄積されて衝突が生じた。浦和の選手が勝利のセレモニー(挑発?)を私たちのベンチに向かって刺激した。』

 

と書いてありました。だいぶ違いますねw あちらは「起きたことは申し訳ない」としながらも、原因はうちだけじゃない、浦和も悪い。と公式サイトで言い訳している模様。何言ってるのかよくわからんのですが、結局は「浦和も悪い」と言いたいのでしょうか。これがいつもの手口なんですけどね。これがいつのまにか「浦和が原因だからうちは悪くない」となったりするのでほんと怖いですね…

フットボール ≫ 人気記事ランキング