ツイッター:@39ft フェイスブックページ

ベガルタ仙台MF永戸勝也が2試合連続となるアシストを決める


投稿者:リベロの河童( About )

J1第14節のベガルタ仙台対ヴァンフォーレ甲府の試合は、少し元気の無かった甲府がひとり退場者を出したこともあってか終始いいところがありませんでしたね。逆に仙台は自由にやれていたというか、やりたいことがしっかりできている印象でした。で、今回もなんですが、また永戸勝也についてです。まあ今一番注目しているルーキーなので是非みなさんも注目してみてはいかがでしょうか。

 

ベガルタ仙台の永戸勝也は2年以内に日本代表入りするかも|河童戦術

彼には世界どこいっても通用する質の高いクロスという武器があります。やっぱり日本代表になるような選手って「ここは誰にも負けない」という武器を持ってるもんですし、それが永戸にはあります。

続きを元のサイトで読む

 

ではヴァンフォーレ甲府戦はどうだったのかを注目シーンだけ切り取ってまとめてみました。まずは前半のピックアッププレーです。

前節の新潟戦でも素晴らしいクロスからアシストを記録した永戸ですが、この甲府戦は縦への突破からクロスを合わせて2試合連続で結果を出しました。なんていうんですかね。彼がボールを持って相手と対峙すると、何かしてくれるんじゃないかという期待感がすごくありますし、クロスの正確さや質はやはり半端なく、1対1ならどんどん仕掛けてほしいところです。次は後半です。

後半にも永戸のクロスから得点が生まれました。彼の一番の武器はクロスなわけですが、それをどう活かすかという部分をチェックしていると、毎試合ひとつずつ成長しているのがわかります。

この縦に仕掛けてからのクロスですが、他の人と少し違うのは「抜け切れてなくても正確なクロスがあがる」というところ。まずはこの縦への突破というのがひとつのベースとなります。

この縦の突破を脅威と感じ、もし相手が縦に突破されないように少し距離を空けてドリブルを警戒したとします。そうすると、今度は相手をよく見て仕掛ける前にいきなりクロスを放り込みます。

そのため、相手は縦も警戒しながら距離も寄せておかないとやられてしまうわけです。これによって1対1ではかなりの脅威となっています。しかし、今後相手に研究されると防がれることも出てくるでしょうし、最終的には永戸に対して2人つけてくるかもしれません。そうなったときに永戸は自分の武器をどう活かすのか。これが前節まではあまり見られなかったところでした。

しかし甲府戦では少しずつですがその自分の武器を最大限に活かすための幅を広げていました。縦を封じられ相手に寄せられたときのための次の手かもしれませんが、この試合で永戸は何度か中に切り込んで右足でシュートという形をつくっていました。残念ながら相手にブロックされてしまいましたが、中にも切り込んでくるんだなと相手に見せたことが大きいのです。

これにより、クロスが脅威なので永戸がボールを持ったら寄せる⇒寄せられたら縦への突破でクロス⇒寄せが甘かったらそのままクロス⇒どちらも無理なら縦ではなく横(中)に侵入してシュート、といくつもの選択肢ができてきましたね。このひとつずつの形をしっかりと自分のものにしていけば、相手がひとりならものともしない選手になるかもしれません。

もしも相手が2人で来て永戸にとって数的不利の状況をつくってきたら、逆に言うとピッチ上のどこかは仙台にとって数的有利になっています。こうなると完全に主導権を握って勝負していけるようになりますね。

また、もしかするとこれからは外だけでなく、シャドーが外に開いたときは内側をインナーラップして崩すという形が見られるかもしれません。そのようにひとつずつ選択肢を増やしていくことで誰にも止められない選手になってほしいと思います。

サッカーの話題をもっと見る