ツイッター:@39ft フェイスブックページ

杉山茂樹「日本代表の次戦の相手はシリアより少し強そうなイラク」


投稿者:リベロの河童( About )

これは2004年の記事なんですが、宇都宮徹壱さんが『トヨタカップを呼んだ男たち』というインタビュー企画をされたことがありまして、このなかの坂田信久さんへインタビューされた記事の中で、とても印象に残っている言葉があります。

スポーツナビ|サッカー|トヨタカップ|元日本テレビ・プロデューサーに秘められた矜持(3/3) トヨタカップを呼んだ男たち 第2回 坂田信久

クラマーさんは必ずこう言っていました。『私がこれからする話は、皆さんが教員になって全国に散らばっていったら、そこでぜひ教え子たちに話してください』と。
ゴールデンプラン(※9)とか、スポーツクラブなどの話が中心でしたが、僕が聞いた中で特に印象的だったのが『日本のスポーツ、日本のサッカーを変えるのに最も重要なのは教育者、そして報道機関である』という言葉。啓蒙活動をするにあたって、報道機関がいかに重要であるか、西ドイツの事例なんかを交えながら語っておられました。

続きを元のサイトで読む

デットマール・クラマーさんが話した言葉として『日本のスポーツ、日本のサッカーを変えるのに最も重要なのは教育者、そして報道機関である』というのがあるそうです。これは本当にその通りだなと今では少し理解できるようになりました。

そして今回のテーマなんですが、この報道機関のなかでも特に『ライター』という部分についてです。日本には結構な数のサッカーの話題を書いているライターという職業の方がいらっしゃるんですが、そのなかでも特に『ヤバい』ライターというのが数名おられます。さらにそのヤバいライターのなかでもサッカーファンから『ヤバいライター筆頭候補』に挙げられる杉山茂樹さんの記事についてです。

勝ち点16に3か国が並ぶ大接戦。厳しい現実を忘れた日本の暢気(杉山茂樹) – 個人 – Yahoo!ニュース

日本の消化が1試合分少ない暫定順位ながら、3チームが同じ勝ち点(16)で並ぶことになった。もし、サウジアラビア対オーストラリアの一戦で、サウジアラビアが勝利していれば、オーストラリアは大きく後退し、サウジアラビアと日本のマッチレースの様相が濃くなった。つまり、日本が2位以内(自動出場)に入る可能性は増した。日本の望む所だったが、結果はその逆に終わった。残り試合が1試合多いとはいえ、日本はサウジアラビア、オーストラリアとの試合を残している。次戦(6月13日・テヘラン)の相手も、シリアより少し強そうなイラク。予断を許さない情勢だ。

続きを元のサイトで読む

この記事で書かれている内容をまとめると、シリア戦の内容は良くなかった、それなのにメディアが期待感を抱かせている、最終予選が混戦になってるから日本は弱い、イラクはシリアより少し強いらしい、ハリルホジッチが全部悪い、などでしょうか。

そして、一番気になる言葉は『次戦の相手も、シリアより少し強そうなイラク』です。この文章から推測できることは、杉山氏はロクな取材をしていない、現地の状況を把握していない、イラクにどんな選手がいてどのような戦術で戦うのか知らない、サッカーを相手のいる相対的なスポーツだと理解できていない、日本代表選手や監督に話を聞いていない、などのことが判明します。

スポーツライターと名乗る人が「少し強そう」などといった曖昧な言葉で相手を評価し、日本代表についても的外れな分析を繰り返し、監督が悪いと言えば格好がつくのかは知りませんが、とにかく監督を批判。ちなみにハリルホジッチに対しては「監督采配は、突っ込みどころ満載であるにもかかわらず、そこは触れず、希望的な話をしようとする」と書いています。しかし、具体的に杉山氏は「その突っ込みどころ」を分析はされていないようです。ふわっとひたすら監督を批判。これがジャーナリズムなのでしょうか。

ネットで検索すれば彼が過去にどんなでたらめなことをしてきたのかすぐにわかると思います。そして最初の話に戻りますが『日本のスポーツ、日本のサッカーを変えるのに最も重要なのは教育者、そして報道機関である』というクラマーさんの言葉をもう一度考えて欲しいと思います。

日本サッカーが弱いと言われている(実際はそんなに弱くはない)原因をつくっているのは、このような一部のでたらめなライターを野放しにしてしまっていることではないでしょうか。彼らの発言にはなんの具体性も無く、信憑性もありません。それによって戸惑い、誤った思考を植えつけられてるひとも多いのではないでしょうか。

ちなみに、現地へ実際に足を運び、日本代表を取材されているライターの方々が公開する記事には良いものも沢山ありますので、是非みなさんにはそういった方の記事を読んでほしいと思います。

サッカーの話題をもっと見る