ツイッター:@39ft フェイスブックページ

イラク戦に臨む日本代表登録メンバーが発表。加藤恒平が外れ、乾が10番に


投稿者:リベロの河童( About )

2018W杯アジア最終予選の日本代表対イラク代表に臨む日本代表メンバーが発表になりましたね。前回のシリア戦前に、23人よりも多く召集していたので2~3人が外れることになるとこのブログで書いていたのですが、香川真司が代表離脱し、宇佐美がそのまま遠征メンバーに加わらなかったこともあって、実際に外れたのは加藤恒平ひとりとなりました。では選ばれた選手と背番号の一覧です。

 

GK

1  川島永嗣
12 東口順昭
23 中村航輔

DF

3 昌子源
13 三浦弦太
20 槙野智章
22 吉田麻也
2 宇賀神友弥
5 長友佑都
19 酒井宏樹
21 酒井高徳

MF

4 本田圭佑
6 遠藤航
14 井手口陽介
16 山口蛍
17 今野泰幸

FW

7 倉田秋
8 原口元気
9 岡崎慎司
10 乾貴士
11 久保裕也
15 大迫勇也
18 浅野拓磨

香川真司が離脱したことで、代わりに10番を着けることになったのは乾貴士。あれ乾はたしかアシックスだったはずでは…という噂話は置いといて、今回は乾が日本代表10番となりました。

そして注目するポイントは、本田圭佑がFW登録からMF登録へ変更になったところ。香川が抜けたところに本田を入れて、本当はメンバーから外れる予定だった浅野が右WGのポジションへ収まったという形かもしれません。そしてもうひとつ、前回はMF登録だった倉田がFW登録へ移動しています。これはなんでだろ?よくわかりません。

あと加藤恒平なんですが、もし彼を使うつもりならやっぱりシリア戦で先発させてテストしていたように思います。それこそ今野なんて親善試合でテストせずいきなり本番でもなんとかなったでしょうし。シリア戦で使わなかったということはそういうことなのでしょう。次の機会を楽しみにしています。逆に加藤を外したということは、最近噂されていた中盤選手の負傷なども大丈夫だと思われます。本当に駄目なら外して加藤を入れてたでしょうし。

さて…先発予想なのですが、中盤をどう組むのか難しいところです。井手口がわりと良かったですし、本田を頭から使うのかも悩ましいところです。というわけで今回はあまり自信が無いのですが先発予想をやっておきます。

 

GK:川島永嗣

DF:吉田麻也、昌子源、酒井宏樹、長友佑都

MF:井手口陽介、今野泰幸、本田圭佑

FW:原口元気、久保裕也、大迫勇也

 

このように予想してみました。山口蛍の負傷状況が不明なだけにやっぱり中盤が薄いですね。まあもし山口が大丈夫そうなら彼を先発にするかもしれません。長友の負傷状況も不明ですが、彼が無理なら高徳でしょう。

FWはシリア戦と同じと予想します。ちなみにこのロシアW杯アジア最終予選の日本代表で一番ゴールを決めてるのは原口(4点)ですし、久保と大迫も使うでしょう。ザキオカさんがサブってのも凄いですね。

 

イラクのアジア最終予選|対戦チーム|アジア最終予選(Road to Russia)|SAMURAI BLUE|日本代表|JFA|日本サッカー協会

ホームで行われた第4戦では、アブドゥルラヒーム選手がひとりで4得点を奪う活躍を見せ、4-0とタイを撃破。最終予選初勝利を挙げたものの、続くアウェイでのアラブ首長国連邦(UAE)戦では0-2と敗れた。

第6戦では、ホームでオーストラリアと対戦し、1-1とドロー。直近の第7戦では敵地でサウジアラビアに0-1と敗れている。ここまでの戦績は1勝1分5敗の勝点4で、グループBの5位に沈んでいる。

ただし、政情不安で自国開催ができないながら、ホームゲームに限れば、1勝1分1敗の五分の成績。今回の日本戦の会場となるイランのパス・スタジアムでは1勝1分と負けていない。警戒したいのは、ここまで5得点を挙げているアブドゥルラヒーム選手。日本が押し込むことが予想されるなか、このストライカーに隙を与えないことが肝要となる。

続きを元のサイトで読む

前回の試合ハイライトはこちら↓

サッカーの話題をもっと見る