戸田和幸のブログをFootball ZONE webが悪質な歪曲報道して炎上

カテゴリ /  サッカー / タグ /  /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年06月15日( 6か月前に投稿 )

実はこの「Football ZONE」は以前から捏造で有名なサッカーサイトでして、自分も数年前にブログで取り上げたことがあります。そのときは岡崎慎司が標的でしたが、『FKキッカー変更という選択肢がチームに存在すべきと岡崎は強く主張している。』とZONEが記事で書いたところ、実際に取材をされていたミムラユウスケさんが激怒していました。

捏ZONEが怒られている。岡崎の本田FK変更提言はまったくの嘘 | 河童戦術

”極端にFKの精度を欠いたキッカーがいかに親友であろうが、代表のエースであろうが、FKキッカー変更という選択肢がチームに存在すべきと岡崎は強く主張している。”

いわゆる「歪曲」というやつですね。会話のニュアンスをまったく無視して、言葉を切り取って悪意ある記事を作り数字を稼ごうとする。たまに見かける手法ですが、今回はこれに質問者本人がお怒りのご様子。

続きを元のサイトで読む

こういう捏造を何度も繰り返してきた通称「捏ZONE」ですが、どうやら今回もまたやらかしたご様子。戸田和幸さんのブログを引用する形なのですが、明らかにブログの内容とはズレたところを作為的に強調し、戸田さんがブログでクレームを入れる事態に発展しております。

ヤフーとZONEのサイトからは記事が削除されていますが、いまだにいくつかのサイトでは残っていて現在でも閲覧することができます。ではまず戸田さんがどういう形で自分の考えを発信していたのかをまとめてみます。

 

この放送の動画はこちらで見ることができます。ここでシリア戦のレビューなどをしていて、このとき指摘していた内容と同じような現象がイラク戦でも起こり失点に繋がってしまいました。

で、この失点の場面など引き分けで終わったイラク戦について、ゲットスポーツの放送枠で振り返る時間を取れなかったらしく、それならばと自身のブログで考えを書いていました。

半歩前進|戸田和幸オフィシャルブログ「KAZUYUKI TODA」Powered by Ameba

最終予選に入って以降、毎試合後に「ゲットスポーツ」にて試合の検証を行ってきましたが今回は局の都合により放送がないので普段番組を見て下さっている方達に向けこの場を借りて今時点でお伝え出来る振り返りをさせてもらいたいと考え作成したので読んでみてください。

続きを元のサイトで読む

守備が全員で「どこに誘導してどうやってチームとして奪うか」みたいなのがズレてて、守備が単発になっていたことを指摘し、失点直前のこの場面で遠藤が自分のスペースから飛び出て相手にプレッシャーかけにいったんですけど、これは寄せないでスペースを守ってたほうが中央を突破されなかったかもしれないということを書いていました。

まあその遠藤の前の部分から問題でしたし、遠藤が飛び出したら両脇(本田さんとか)が絞るとかもなくそのままスペースがぽっかり空いてますし、自分はそういう守備組織全体の話として受け止めてました。

で、この戸田さんのブログを見たZONEがいつもの手口で書いてることを勝手に切り貼りして歪曲した記事を公開します。

「吉田がGKに任せずクリアすべきだった」 元日本代表の“潰し屋”、失点時の対応を一刀両断  – ライブドアニュース

戸田和幸氏は、自身のブログで冷静な分析を交えながら守備の課題を厳しく指摘。さらに失点場面についても、「吉田がGKに任せずクリアすべきだった」と一刀両断している。

続きを元のサイトで読む

これに対して、戸田さんがかなりお怒りのご様子。「印象操作」というタイトルでZONEの記事に対しての苦情を書いていました。

印象操作|戸田和幸オフィシャルブログ「KAZUYUKI TODA」Powered by Ameba

ブログの文中にも「ゲットスポーツ」の話が出てから試合に言及する流れとなっています。
そして番組内で取り上げさせてもらった「プレスの方向と連動」の部分がきっかけで失点を喫してしまった事について言及をし加えて守備を行う上で重要な事が「ボックス内に人もボールも進入させない」事にあるとも書いた上で左から中央へと展開され遠藤のところでその流れを食い止められたのではないかという僕個人としての考えも述べました。

そこまでの下りこそが今回「ゲットスポーツ」からブログにかけて自分が発信してきたものの「一番重要な部分」となるのは両方を見てもらえれば誰でも理解出来ると思いますが、何故か吉田麻也君を殊更に批判しているような見出しを付けられ。
更には「厳しく指摘」とも。
「厳しく指摘」とはどういったものを指す言葉でしょうか?

遠藤の守備に対しては僕個人の考えとして出来る限り丁寧にまた具体的なものを提示していますし麻也君についてはこちらも意見は様々あるであろう中、戸田和幸として「クリアすべきでした」というシンプルな言葉を記しています。

何かについて言及をしているわけですから確かに「指摘」とはなると思いますが、「厳しく指摘」とは一体どういう事なのでしょうか。

ましてや「一刀両断」なんてとんでもない。

どこをどう読めばそんな大それた表現が出てくるのでしょうか。

続きを元のサイトで読む

今回の騒動を受けて、いままでZONEで記事を書いてた人からは、さすがに見限られたのか「もうここでは書かない」という声も出始めています。そりゃこんなの繰り返してたらそうなっていくのは当然でしょう。捏ZONEには取り上げられてないだけでこういう捏造や歪曲された記事というのが毎日のように出てますし大量に埋もれています。

結局は「見なければいい」わけでんですが、それだとZONEを見て「えーそうなのか」と信じてしまうひとも結構いるんですよね。今回の件でも「戸田さんがめっちゃ吉田叩いてる」という印象をもったひともかなりいるのではないかと思います。ほんとなんとかできないものですかねこれ。これというか、ZONEというサイト。

最後に、ZONEがどうして悪質なのかというと、もちろん捏造や歪曲を意図的に繰り返してることもそうなんですが、なにかあっても一切謝罪しないという姿勢が一番悪質だと思います。フトチャンの検索避けのために謝罪文の画像添付もイラっとしますが、ZONEは謝罪すらしませんからね。

サッカー ≫ 今週の人気記事