スカパー!がドイツブンデスリーガの独占放送権を18-19から2シーズン獲得

カテゴリ /  サッカー / タグ /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年06月16日( 6か月前に投稿 )

先日は欧州チャンピオンズリーグなどの独占配信権を獲得したとDAZNが発表し、「スカパー逝ったか?」などと噂をされておりましたが、どうやらスカパーは18/19から2シーズン、ドイツブンデスリーガの独占放送権・配信権を獲得したようです。こんな分散されてもユーザーは困るばかりなんだが…

ドイツ・ブンデスリーガ 2018/19から2シーズンの全試合放送権・配信権を獲得|お知らせ|国内サッカー|スカパー!サッカー中継

スカパーJSAT株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:高田真治)は、ドイツ・ブンデスリーガ2018/19以降2シーズンの独占放送権・配信権(地上波を除く)を獲得しました。

ドイツ・ブンデスリーガは、バイエルンやドルトムントなどヨーロッパでも有数の強豪クラブを含む18クラブで構成され、日本人選手も多数在籍しています。また、熱狂的なサポーターがいることでも有名で、観客動員数は世界第1位を誇るプロサッカーリーグです。(※2017年5月時点)

今回獲得した独占放送権・配信権には、「全試合(9試合x 34節)」のほか、プレビュー番組やハイライト番組、ブンデスリーガ優勝チームとポカール杯優勝チームが対戦する「スーパーカップ」、ブンデスリーガとブンデスリーガ2の「入替戦」が含まれます。まさにブンデスリーガの魅力をあますことなく、テレビの大画面はもちろんのこと、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末でもお楽しみいただけます。

続きを元のサイトで読む

これにより、「ブンデスを見たい!」と思ってるファンは少なくとも今よりも高額の視聴料を支払う必要がでてきそうな気もします。まさかスカパーが放映権獲ったのにDAZNでも見れるなんてことにはならないでしょうし。正直、なんで獲ったんだよ…できればサブライセンスを仲良く出し合うってのは駄目なんですかね…

とりあえず、来季(17-18シーズン)に関してはDAZNでそのまま配信されると思われます。で、来年の秋ごろに始まる18-19シーズンからはスカパーになると。ちなみにUCLとUELの場合は17-18はスカパーで放送され、18-19シーズンからはDAZNでの配信となります。

結局DAZNもスカパーも契約しないといけないとなると、最終的には視聴者が支払う月額料金が高くなるんですよね…まあ今後どうなるのかチェックし続けていこうと思います。とにかく生き残りに必死なのはわかるんですけど、それで被害を被っている(視聴料をたくさん払っている)のはファンなんですよね。なんとかしてほしいぜぇ…

サッカー ≫ 今週の人気記事