悲報:名古屋グランパスDFシャルレスの乗った担架、折れる。

カテゴリ /  サッカー / タグ /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年06月17日( 4か月前に投稿 )

J2第19節のアビスパ福岡対名古屋グランパスの試合で、後半に名古屋グランパスのシャルレスが担架でピッチの外へ運ばれている途中の出来事です。ちょうどこのときシャルレスには交代の指示が出されていて、どちらにしてもピッチを後にしなければならなかっため、もしかすると本当に重傷の怪我を負ってしまったわけではなく、少し時間を使いたかったのかな?という状況だったのですが…

まさかの担架破壊!そして壊れた担架はもう見捨てて、シャルレスは歩いてピッチの外へ出ました。いや歩けるんかいw

こうなった原因ですが、おそらく担架をなぜか「横方向に」運ぼうとした結果、支えているジョイントのパイプが抜けたとかそういうのだと思われます。まあ本当に骨折してたり歩けないような重傷の選手が乗っていたら危ないですね。

そもそも日本ではこのような折りたためる布製の担架をよく見かけるわけですが、欧州などのサッカーを見ていると、このような布製の担架を見かけることはほとんどありません。まあ国やリーグによって異なるわけですが、バスケットタイプのストレッチャーを見かけることがよくありますね。

布製の日本でよく見かける担架よりも、このバスケットストレッチャーのほうが少しだけ割高なようです。ただし、いざというときのことを考えると、バスケットタイプの方が安全のような気もするのですがねえ。まあ倒れてる選手を乗せやすいのは平たい布製かもしれませんが、サッカーで負う怪我を考えるとこちらでもいいような気がします。

サッカー ≫ 今週の人気記事