柴崎岳のゴールもありテネリフェが昇格プレーオフ決勝へ進出

カテゴリ /  フットボール / タグ / 
リベロの河童
 ( 管理人 )

柴崎岳が所属するテネリフェですが、昇格プレーオフ準決勝の第1戦はアウェーでカディスと戦い0-1で敗れていました。よってホームとなるこの第2戦は、最低でも1点が必要。もし延長で1-1の同点だったらリーグ順位が上のテネリフェが勝ちあがり、2点差以上取れば文句なしで勝利、ただし相手に1点でも取られると勝利には3点が必要という状況でした。

で、この試合の前半にまずは柴崎岳がゴールを奪いテネリフェが先制します。

狭いニアを打ち抜いた、落ち着いて決めた移籍後2得点目となる素晴らしいゴールでした。この試合は4-4-2の左サイドハーフをやっていたのですが、守備では自陣まで戻り、攻撃ではゴール前まで駆け上がるなどかなり頑張っていました。しかも、それが最後まで落ちずに継続して動き回ってましたね。

というわけでここからはこの試合で柴崎岳が見せた、個人的に良かったなと思うプレーをいくつかピックアップしてみます。

これは本当に良かったです。柴崎って結構泥臭いプレーも普通にやるというか、この執念はかなりお気に入りです。中盤でミスをしてしまい一度はボールを奪われるものの、そこから即座に奪い返してボールを味方に渡します。もしここで淡白なプレーをして、奪われてそのまま諦めてたらイラっとしますからね。技術的なことはもちろん大事ですけど、こういうところのほうがもっと大事なことだと思いますよ。

 

これは後半終了間際のプレー。スローインでサイドに張っていた柴崎が中央にひとつめのスペースを見つけて走り出します。で、柴崎から見たら右後方からスローインでボールが来たわけですが、このときすでに自分の左側の状況を把握できています。

なぜそんなに周りがどうなってるのか把握できるのかというと、常に首を振って見ているからですね。ちなみにこのスローイン時、柴崎は走り出してからボールをタッチするまでに3回(走り出した直後、ボールが出る直前、ボールを受ける直前)首を振って周りの状況を確認しています。

そこからヒールで味方にパスをして、自分はそのまま中央のスペースへ侵入してワンツーを受けてフリーの状態になりました。最後のスルーパスは惜しくもシュートチャンスまで繋がりませんでしたが、その前のプレーが素晴らしかったですね。

 

そしてこれが延長前半終了間際のプレー。もう交代枠は3枚使い切って、さらに足をつってしまった味方もチラホラいるという本当にきつい時間帯。そんなときはセーフティにボールを大きく蹴り出して体勢を整える時間を稼ぐという手段もあるわけですが、それだとボールを捨てることになり、また相手に攻撃をさせるわけですね。

で、ここで柴崎はまず、スペースに運ぶドリブルで前進します。特に速いドリブルでもないですし、ここで速さはたいして重要ではありません。これは運びながら相手と駆け引きをしているわけですね。

柴崎は顔を上げて周りを確認しながらボールを運んでいます。これだと相手が縦を塞いで寄せてきたら横の味方にパス、相手が横を塞いでパスを警戒したら縦に運ぶ、という駆け引きの段階で優位に立てています。

もう前半から結構走り回ったうえに104分が過ぎて味方も相手もきつい状況。そこでこの相手の反応を見ながらスペースを見つけて駆け上がるってのは本当に凄いですし、味方を助けるプレーでしたね。Jリーグを見てると、こういう状況で簡単に味方へパスを出してしまうのをよく見かけるんですが、この時間帯でも相手と駆け引きをして必要ならしっかりと相手を崩すプレーができるってのは素晴らしいと思いますし、是非見習ってほしい場面でした。

 

そして試合は最後めっちゃ押し込まれながらもなんとか延長戦も守りきったテネリフェが1-1(延長で同点ならリーグ順位が上のチームが勝ちあがり)でプレーオフ決勝進出を決めました。

柴崎岳は今回左サイドハーフでしたが、本当にチームの中心となっている印象でした。あとは決勝の2試合で勝利すれば1部昇格です。ここまで来たからには是非とも昇格して来季もテネリフェで戦って欲しいですね。とくにこの監督が柴崎のことをよく理解してくれてますし、一部の報道では不安視されていたようですが、今では本当にいいチームに入ったんだなあとやっとわかってきました。

フットボール ≫ 人気記事ランキング