第97回天皇杯3回戦からは下位カテゴリーチームのホームで試合開催するとのこと

カテゴリ /  サッカー / タグ /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年06月19日( 4か月前に投稿 )

これは本当に何年も前から願っていたことですが、とうとう現実のものとなりそうです。天皇杯ではこれまで、ほとんどが上位カテゴリーのチームのホームで試合を開催していたのですが、これが逆になり、下位カテゴリーのホームで開催するようになるとのこと。

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦から準々決勝までの試合会場決定方法について | JFA|公益財団法人日本サッカー協会

原則:
天皇杯の試合は、各都道府県サッカー協会主管のもとで運営されている。サッカー普及の観点から、天皇杯の試合を全国各地で開催することが重要と捉え、3回戦から準々決勝までの試合においては、対戦カードの下位カテゴリーチームが所属する都道府県の会場を優先して開催することとする。
会場選定例:
① J1 vs J2の場合 ⇒ J2の会場にて開催
② J1・J2 vs 都道府県代表の場合 ⇒ 都道府県代表の会場にて開催
③ J1・J2・都道府県代表同士の対戦の場合 ⇒ 対戦カードの左側(トーナメント表の上側)の会場にて開催
なお、以下の場合は公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)の判断により会場を決定する。
・試合を主管する都道府県サッカー協会が会場を確保できない、または開催を希望しない場合
・AFCチャンピオンズリーグ2017を勝ち上がっているなど、チームのスケジュール等を考慮した場合
・会場設備・収容能力不足などその他諸事を考慮した場合

対象となるラウンド:
3回戦(7月12日)、ラウンド16(9月20日)、準々決勝(10月25日)
※3回戦の会場は、6月22日(木)に発表いたします。

続きを元のサイトで読む

ちなみにイングランドのFAカップでは、対戦相手が決まった後でどちらのホームで試合を開催するのかも抽選で決めます。そのため、たまに屋根も無く照明も微妙なグラウンドでプレミアリーグのクラブが試合をするのを何度か見たことがありまして、それはもう観客がものすごい盛り上がりだったりします。

またドイツのDFBポカールの場合は、ブンデス1部のチームもすべて1回戦から参加するようになっていて、1回戦は必ずアマチュアとプロクラブが対戦するようになっており、しかもアマチュアクラブのホームで開催することが決まっています。バイエルンが観客収容人数数千人のスタジアムへ行って試合するとかあるわけですからね。1回戦を何度か見た事ありますけど、かなり観客の熱はすごかったです。

で、天皇杯ですが。例えば、J1のクラブとJFLのクラブが天皇杯で対戦するとなった場合、J1クラブのホームでやっても、下位カテゴリー相手の試合であればそれほど観客が増えることも無いでしょう。しかし逆にJFLのクラブがホームにJ1クラブを迎えるとなったら…それは一大イベントになるかもしれません。いやたぶんなります。そういう面では下位カテゴリーホーム開催は面白いと思います。

じゃあまったく問題がないかというとそうでもなく、まず海外のクラブがなぜこのように簡単に下位カテゴリーでもホーム開催が可能かというと「スタジアムがクラブ所有」だったりするからですね。いきなりこの日使うとなって、いきなり使えないと厳しかったりします。まあ他の日程が入っていても、試合予定を突っ込めるチームもあるかもしれませんが、無理なところもありそうです。そうなった場合は、上位カテゴリーのホームで開催すると。この辺の調整が難しそうですが、自分はこのやりかたに大賛成です。

自分がJFLのクラブを応援してるからってのもありますが、やっぱり上位カテゴリーのチームがホームに来るって、想像以上に凄いことなんですよ。もしかするとこれから問題が出てくるかもしれませんが、是非ともこれは続けていただきたいと思います。

サッカー ≫ 今週の人気記事