天皇杯2回戦:ベガルタ仙台対筑波大学の感想

カテゴリ /  サッカー / タグ /  /  / 
リベロの河童
 ( 河童戦術ブログの管理人 )

天皇杯2回戦のベガルタ仙台対筑波大学の試合で、仙台はかなりメンバーを入れ替えて臨んでましたね。ほとんど主力は全員外した感じ。それによっていくつかの場面で問題が発生していたわけですが、それを考えても筑波はかなりいい試合をしたように思います。その辺のことや試合の感想をまとめておきます。

 

まず目を引いたのが、筑波大学の守備布陣。仙台が両サイドのウィングバックを高く配置した3-2-5で臨んだのに対し、筑波大学は最終ラインに6枚並べた6-2-2という守備布陣で対抗しました。

これによって、仙台がサイドの裏を狙おうとしても全然隙間がなくて、思ったような攻撃がうまくできなかったですね。そして、筑波大学の面白いところは、6枚の最終ラインなのに2トップだったこと。普通最終ラインを6枚にするのであれば、6-3-1のように1トップでボランチ3人とかね。2014年W杯とか見てもだいたいそんな感じでした。これはおそらく筑波大学が奪った直後に縦へ速く前進してまずは少人数で攻めきってしまおうという狙いがあったのではないでしょうか。

で、個人的に気になっていたのは仙台のボランチ陣。ちょっと機能している感じではなかったですね。これはベガルタの全ポジションそうかもしれませんが、いつもの固定された主力が出ているときはいいのですが、メンバーが変わると結構きついです。その辺は今後の課題かもしれませんね。

で、相手の6枚で埋められた最終ラインをなかなか崩せず仙台が苦しんでたので試合中に落書きをしていたのですが、この形で仙台が同点に追いつきます。

仙台のWBが高い位置を取ってもサイド裏にスペースがないなら、一度WBを低い位置へ戻してその裏にシャドー(佐々木匠、リャン)を走りこませて崩すという作戦が成功してゴールが決まりました。

ちなみにハーフタイムのインタビューで、筑波大学が6バックで来たことに対し「これも想定していたので大丈夫」みたいなことを仙台の監督が話していました。なのでおそらくこの形を準備してきたんだなあと。つまり仙台はメンバーこそ落としてきたものの、チームとしてはちゃんと準備して戦っていたのは確かでした。

で、少し不運な形から筑波大学は失点し逆転されるのですが、CKからまた同点に追いつきました。そして、さらに再逆転となるゴールを決めます。

仙台の何人かの選手はなんとなく「試合勘が失われてるのかな?」と感じるような場面もいくつか見られ、不用意なミスからの失点でゲームを落としてしまいました。リーグ戦でも、いつもの主力が誰か抜けたときの穴をどうするのかというのが今後の課題かもしれませんね。

 

最後に。筑波大学はこの試合に勝つための準備をしっかりしてきていて、それを最後まで遂行できたからこその勝利だったと思います。6バック、トランジションのスピード、横スライドの速さと運動量などなど。個々の選手を見ても何人か面白い選手もいて、しっかりと良い準備ができれば次の試合ももしかすると番狂わせを起こせるかもしれません。

ベガルタ仙台ですが、攻撃時のプランは用意していたものの、それがあまりうまく行ってませんでしたね。また、守備時の対応も少しお粗末で、いつものリーグ戦だったら普通に潰せていたような状況でも簡単に運ばれてしまったり。とにかく選手層の問題、主力がアクシデントなどで抜けたときの対策というのは今後のリーグ戦などで考えていく必要がありそうです。

サッカー ≫ 人気記事ランキング