ベガルタ仙台分析:プレーモデルについて

カテゴリ /  サッカー / タグ /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年06月28日( 5か月前に投稿 )

あらかじめ書いておくと、今回は画像も動画もないうえに推測のお話です。自分にはベガルタ仙台がこう見えてるという記事なので「それは違うかも」という意見が出るかもしれませんが、独断と偏見で書きますのでご了承くださいませ。

で、今回はベガルタ仙台のプレーモデルについて。今季の仙台は、去年までとはかなり違ってて、今の仙台のプレーモデルってどんな感じなのだろうかというところを推測してみます。

ではまず、バイエルン時代のペップのプレーモデルはどんな感じなのかというところを、『グアルディオラ総論』の『プレーモデル』という項目からご紹介させていただきます。

グアルディオラは彼のアイデンティティであるポジショナルプレーというモデルをバイエルンに導入したが、ラーム、クロース、チアゴがプレーするのと、シャビ・アロンソ、ビダル、ミュラーがプレーするのでは違う。選手の特徴はプレーに絶対的な影響を与え、プレーモデルが違っているようにさえ見える。グアルディオラのモデルの原則を振り返ってみよう。

・ボール支配。ボール支配は道具であってモデルそのものでもフィロソフィでもない

・守備時の数的優位。中盤の数的、ポジション的優位

・深く侵入するためにグラウンドを広く使う。パス交換によって相手を引き付け、アタッカーとの1対1の状況を作る

・ボール出しとコンパクトな前進を容易にするために選手たちは階層的に並ぶ

・すべてのアクションで”第3の男”(トライアングルによって生まれるフリーの選手)と、相手のプレスのライン間にいるフリーの選手を探す

・ボールを保持することで守備をする(ペップは言う。「熱くなった状況を鎮静化する最高の方法はボールを持つこと」。ボールを失った瞬間にプレスに出る)

・ポジションチェンジを推奨しつつポジションを維持する。待っている選手の間をボールが行き来するのであり、その逆ではない

・テクニック、ボールを受け出す際の体の向きを重視。仲間のポジションを向上させるパスを探す

・試合中、集中力とインテンシティを最高に保つ

・支配的なポジションを取り(高い最終ライン)、攻撃への意思を持つ

このような感じです。では、最近のベガルタ仙台のプレーモデルの原則を想像しながら推測ではありますが独断と偏見でまとめてみます。

 

・ボールを支配する。ただしポゼッション率やパス数という数字が大事なのではなく、そこで何をするかが重要

・数的優位をつくる。自陣ではGKも組立に参加して数的優位の状況を作り出し、簡単にはボールを捨てず前進する。また、ボランチがCBの間に入ってサポートする

・三角形を意識し、ライン間で西村と奥埜を探す。シャドーの動きが攻撃で優位性をつくる

・質的に優位となる場所で勝負をする。ウィングバックを高い位置でサイドに張らせ、横幅を広く使う。得意なパターンは中央や右サイドでパス交換をして相手をおびき寄せ、左サイドの永戸で1対1を仕掛ける形。また、両サイドが高い位置で幅をつくるので、中央にスペースが生まれ、そこでシャドーを活かす

・意図を持ったポジショニングとパスで相手を動かし続け、もしボールを失ったとしてもその瞬間から奪い返すために囲い込む

・シンプルにプレーする。個人が自由にプレーするのではなく、規則性をもってチームでプレーする

・プレーのスピードを重視。プレーのスピードとは、パスの速さ、パス&トラップの正確性、判断(思考)の速さ、次を予測した体の向きや動き出し、足の速さなど

・「間」を大事にする。縦に急ぎすぎるとチームは分断する。敵陣へ到達するまではゆっくりと全員で前進する

・5つのレーンを意識したポジション。特に内側のレーンの使い方、またそこで引き付けることによって外側のレーンで勝負しやすい状況をつくる

・守備時は、無理に高すぎるライン設定はしない。引くときは全員で自陣へ引いて守る

・攻撃時に両CBは外側のレーンまで広がる。フリーなら勇気を持って縦に運び、相手の守備ラインを超える

 

いかがでしたでしょうか。もしベガルタ仙台の試合を見る機会がありましたら、こういう部分に注目されてみてはいかがでしょうか。まあ自分の想像で書いたものなので正しいのかは不明ですが、自分はこういう部分に注目して見ています。

サッカー ≫ 今週の人気記事