過去に体罰を受けた子供ほど体罰は必要だと考え自分も体罰を使うようになる傾向について

カテゴリ:ノート タグ:, ,
リベロの河童
投稿者: ( 管理人 )
公開日:2017年07月05日( 3週間前に投稿 )

このブログでも何度か取り上げてきた日本スポーツ界での体罰問題についてですが、これに関して興味深いアンケート結果が見つかりまして、今回掲載の許可をいただきましたので取り上げてみます。まずこのブログで以前に取り上げた体罰についての話題はこちら。

高校サッカー部のコーチが体罰(暴力行為)で解雇に | 河童戦術

体罰(暴行)問題で解雇されたコーチが今回の件を受け丸刈りに←まったくわかってない | 河童戦術

深刻な『野球離れ』はどう考えてもサッカーのせいではない | 河童戦術

そして今回取り上げるのは、数年前にとある大学の学生209人に対して行ったアンケートの結果についてです。まずはそのアンケートの集計結果から。なお%表示などの()の部分やグラフについてはこのブログで追記した箇所となります。

 

Q1:性別(調査対象:209人)

男 97人(46%)

女 110人(53%)

不明 2人(1%)

 

Q2:小中高時代、体罰を受けたことがあるか。

ある 56人(27%)

ない 153人(73%)

 

Q3:その時期はいつか。

小学校 16人

中学校 35人

高校  35人


Q4:体罰を受けたのはどのスポーツ部か。(56人中)

野球部      24人

サッカー部    5人

バレーボール部  5人

バスケットボール 4人

ソフトボール部  3人

剣道部      2人

アメフト部    2人

(ひとりと回答されたスポーツ部)ラグビー部、弓道部、テニス部、ソフトテニス部、陸上部、柔道部、水泳部、バドミントン部

不明      3人

 

Q5:体罰はあっていいか(体罰経験者56人)。

そう思う 12人(21.4%)

どちらかといえばそう思う 18人(32.1%)

(肯定:30人/53.6%)

どちらかといえばそう思わない 17人(30.4%)

そう思わない 9人(16.1%)

(否定:26人/46.4%)

 

Q6:体罰はあっていいか(体罰未経験者153人)。

そう思う 5人(3.3%)

どちらかといえばそう思う 17人(11.1%)

(肯定:22人/14.4%)

どちらかといえばそう思わない 49人(32.0%)

そう思わない 74人(48.4%)

(否定:123人/80.4%)

無回答 8人(5.2%)

 

Q7:もし指導者なら体罰を使うか(体罰経験者56人)。

使わない 35人(62.5%)

時と場合によって使う 21人(37.5%)

使う 0人

 

Q8:もし指導者なら体罰を使うか(体罰未経験者153人)。

使わない 114人(74.5%)

時と場合によって使う 31人(20.3%)

使う 1人(0.6%)

無回答 7人(4.6%)

 

Q9:信頼関係があれば体罰はあっていいか。

そう思う 35人(16.8%)

どちらかといえばそう思う 43人(20.6%)

どちらかといえばそう思わない 51人(24.4%)

そう思わない 68人(32.5%)

無回答 12人(5.7%)

 

Q10:体罰を受けた後、どんな気持ちになったか(複数回答)

気持ちが引き締まった 30人(53.6%)

指導者が本当に自分のことを考えていると感じた 18人(32.1%)

指導者自身が勝ちたいという気持ちが伝わってきた 14人(25%)

指導者の目を気にして練習や試合をするようになった 15人(26.8%)

すごく腹立たしく感じた 27人(48.2%)

 

Q11:体罰があったほうがチームは強くなると思うか。

そう思う 7人(3.3%)

どちらかといえばそう思う 53人(25.4%)

どちらかといえばそう思わない 56人(26.8%)

そう思わない 80人(38.3%)

無回答 13人(6.2%)

 

以上の結果となっておりました。これが全体を表しているというわけではありませんし、ひとつのデータであるということをご理解くださいませ。というわけで、ここからはこのアンケート結果で気になったところをいくつか抜き出してまとめさせていただきます。

まず、体罰を受けたことがあると答えたのは4人に1人はいたというのが結構驚きでした。わりと最近取られたアンケートですけど、それでもそんなにいるのかと思ったのが正直なところです。そして、体罰を受けたスポーツについてですが、野球だけが圧倒的に多いですね。なんと体罰を受けたひとの4割以上は野球部でした。今はもう競技人口的にもそれほど人数の多いわけでもない野球という競技だけ突出して体罰が多いというのは、なにか特別な事情があるのでしょうかね。

で、ここが一番注目したところなんですが、どうやら体罰を受けたことのあるひとほど体罰はあってもいいと考えているようです。また、体罰を受けた経験のあるひとほど自分も体罰を使うという傾向があるように思えます。逆に、体罰を受けた経験の無いひとほど体罰を否定し、自分が指導するときになっても体罰は使わないと考えるようです。

なんだか洗脳みたいな話なんですが、これは少し怖い話ですね。自分がどう指導されたかという経験が、自分が指導する立場になったときにも影響すると。もちろんそうならないひとも大勢いらっしゃると思いますけど、結果そうなってしまう人も多いのかもしれませんね。

このような暴力の連鎖を断ち切るためには、個人的には「指導者のライセンス制度」が効果的ではないかと考えています。その年代の子供に対してはどのように指導するべきかを決め、それができる指導者にだけ指導を許可すると。もしその基準を満たさない指導者はライセンスを剥奪され指導することができないなど。そのようにそれぞれのスポーツ団体が基準を決めて指導者を育成する体系がおすすめです。

河童戦術 / 今週の人気記事