浦和レッズ対アルビレックス新潟の感想:J1第18節

カテゴリ /  サッカー / タグ /  /  / 
リベロの河童
 ( 河童戦術ブログの管理人 )

川崎フロンターレとの試合後に「新潟戦から連勝スタートできなければ一番にこのチームを去る」と話していた浦和レッズのペドロヴィッチ監督ですが、さて進退はどうなるのでしょうか。

というわけでチームの状態が上がらない難しい状況で臨んだJ1リーグ第18節のアルビレックス新潟戦ですが、セットプレーからのカウンターで浦和レッズは先制を許してしまいます。

これはほんとそうで、あそこで滑って止めようとするプレーは少し軽率でしたね。枚数的にあそこで抜かれたら数的不利のピンチになるという状況でしたし、逆に言うとあそこで滑らなければ数的同数は保ててましたし、遅らせることで味方の帰陣にも期待できる状況でした。

つまり相手のカウンターのスピードを阻害するように守備をすることで味方の帰陣を待ち、体制が整ったら奪いにいくとか。そういう選択が必要だったのではないでしょうか。審判のポジショニングが少し邪魔?でそれが影響したとは思いませんけどそういう言い訳はできるかもしれませんが。

で、浦和は攻撃時2-3-5という布陣で相手を押し込んでチャンスを作ろうとしますが、新潟は守備時5-4-1で完全な撤退守備を徹底していましたね。新潟はボールを奪ってもチームとして前進しようというよりは少人数カウンターで攻めきってしまおうと狙いがハッキリしてました。また、ボールを保持するような場面でもあっさりボールを捨てるロングボールを蹴ってさっさと撤退。とにかく1点を守りきろうと全員で浦和の攻撃を跳ね返します。

対して浦和レッズですが、何度も相手ゴールへ攻め込むものの最後のところでどうしても防がれてしまいます。まあこうなったら焦らず相手を揺さぶって攻撃を続けるしかないんですよね。とにかく焦らず相手を動かすというのが一番かと。

ついにCKからの流れで浦和レッズが同点に追いつくゴールを決めます。新潟のFWの選手も危険を察知して森脇へプレッシャーをかけに行くのですが一歩及ばず。まあちょっと引きすぎたのかなという印象はあるものの、森脇のポジショニングとシュートが良かったですね。そして、またまた左CKからゴールが生まれます。

この試合は新潟の得点も浦和の2得点もすべて浦和の左CKからの流れでゴールが生まれていますね。で、このゴールはもう勢いの差というか地力の差と言いますか…浦和の1点目を止めれなかった時点で完全に流れを持っていかれたように感じます。新潟が今後勝点を積み重ねていきたいのであれば、あの浦和の同点ゴールを許してはいけないかと。

そしてここから残り時間を上手に使った浦和レッズは本当に難しい状況の中でしたが2-1と逆転で勝利。ペドロヴィッチ監督はなんとかクビが繋がったという形ですが、チームとして難しい状況からはまだ抜け出せていないような感じがします。特に何人かの選手を酷使している状態ですし、毎年この時期には同じような状況に陥ってる気が…

サッカー ≫ 人気記事ランキング