上西小百合衆議院議員「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく」

カテゴリ /  ノート / タグ /  /  /  / 
リベロの河童
 ( 河童戦術ブログの管理人 )

なんだかここ数日、とある国会議員がツイッターで過激な発言を繰り返しているとサッカー界隈で話題になっていたのでツイートをいろいろ見てみたのですが、ちょっとアレですね。今時はこんな人間でも国会議員になれるんだね…というレベル。

というわけで今回は最近サッカー界隈を数々の炎上発言で騒がせている上西小百合衆議院議員についてです。ではまずこの方がどんな議員なのかまったく知らなかったので少し調べてみたのですが、結構アレな噂が多いようですね。

維新・上西氏の運動員を逮捕 大阪7区、買収の疑い  :日本経済新聞

大阪府警は21日までに、衆院選で大阪7区に出馬し、近畿比例ブロックで復活当選した日本維新の会の上西小百合氏(29)の選挙運動員で、会社員の佐藤徳二容疑者(41)=さいたま市北区本郷町=を公職選挙法違反(買収)の疑いで逮捕した。

続きを元のサイトで読む

まずは運動員に現金を渡して、いわゆる買収をやってた模様。運動員は逮捕されたようですね。また衆議院本会議を欠席したことについて、維新の党からは議員辞職を勧告されたのにそれを拒否して除名されているようです。

全文表示 | 「上西小百合議員」維新除名!「日ごろから言動に問題。改善の見込みがない」 : J-CASTテレビウォッチ

維新の党はきのう5日(2015年4月)、上西小百合衆院議員を除名処分とした。体調不良で衆院本会議を欠席しながら、その直後に旅行にいっていたという疑惑に納得できる説明がなかったからだ。党最高顧問の橋下徹・大阪市長は「あの人とは2度と付き合いません」と切って捨てた。

<中略>

「辞職はしません。議員の身分は法に触れない限り奪われない」

この会見の翌日、大阪維新の会は「日頃の言動に問題が多く、指導しても改善の見込みがなく、秘書の言動にも問題があった」として除籍を決めた。マスコミに対して「取材拒否です」と逃げ回り、家城もテレビのクルーを「なにしとん じゃ、ワレ!」などとヤクザまがいに威嚇したことも理由になった。

会見のあと、橋下は電話で「1回チャンスを与える。1回身を引いて次の選挙で出直すのはどうか」と勧めたが、上西は「議員の身分は法に触れない限り奪われない。それなら除名でけっこうです」と答えたという。

続きを元のサイトで読む

この記事で『上西は2期目とはいえ、2度とも比例復活だ。その党に除名されて無所属となったのに、議員の身分は保障されるというのはおかしくないか。』とあるように、比例で当選したのに除名されて、それでもまだ議員やってるってすごいですね。国民に選ばれた、というわけではないんじゃ…

で、そんな上西衆議院議員ですが、今回なぜかサッカー界隈に対して過激な口調で攻撃をしてきまして、若干驚いているというか「え。誰?」状態となっています。誰にも相手にされなくなった哀れな議員の売名行為かもしれませんが、その内容が攻撃的だったため、各方面から失笑されているようです。

これは、親善試合の浦和レッズ対ドルトムントの結果についてだと思われます。試合はドルトムントが3-2で勝利したのですが、まあ正直どっちもアレでしたね。ドルトムントも出来はかなり悪く、まあ監督が変わったばかりのシーズン前だし内容を求めるのは酷かな…という印象でした。そんなときいきなり「浦和酷い負けかた」というツイートを国会議員がするもんですから、界隈の人が結構激怒しています。

結局、もう誰にも相手にされなくなったので手当たり次第に暴言を吐いて炎上することで名前を売っているのだと思います。比例で当選したもののその党から「議員を辞めろ」と言われたのに辞めず、結局除名になったわけで、まあこれを国民の代表だとは思いませんし、制度の穴を上手に使った金儲けの真っ最中なのかもしれませんね。

じゃあお前は何をやった気になってるんだよwwwというブーメランを華麗に展開しているようですが、とりあえずそのツイートの「サッカー」の部分を「選挙」に置き換えてみましょうか。それだけであなたが議員としてどれだけ失格なのかがわかるかと。

なんというか、結局炎上発言を繰り返すことで売名をして、少しでも名前が世の中に出回ることを狙っている落ち目の人間に対して真面目に答えるのも少しアレだなあと思っていたのですが、石川選手が本当に真摯に回答されていますね。偉いなあ。

いくら国会議員だろうと、比例で当選したはずなのにその党から除名されてすでに誰も応援してないのに席だけ残っているという、制限がない怖いもの知らずの状態ですから本当に言いたい放題のようですね。結局サッカーの話題を出したのもすべて売名行為なんでしょう。

どれだけ嫌われようが除名されようが「議員の身分は法に触れない限り奪われない」と本人が発言しているように、この人をどうにかすることは誰にもできないかもしれません。まあこのひとがなにを言っても誰も触れず無関心というのが一番なのかもしれませんが、ここまでサッカーを馬鹿にされたらさすがに怒りますよね。

ノート ≫ 人気記事ランキング