中央調査社の人気スポーツに関する意識調査について

カテゴリ /  ノート / タグ /  /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年07月22日( 5か月前に投稿 )

まず、この調査の方法は「個別面接聴取法」でされているとのこと。家を訪問して聞き出すやりかたでしょうか。ちなみに選挙の情報を調査するような場合、いまどきこの手法でやっている主要メディアはほとんどありません。だいたいは電話法で行っていると思います。まあ古いやり方ですし、現代でどこかの家を訪問してどういうひとが在宅なのかはご想像にお任せします。

で、今回中央調査社がおこなった人気スポーツに関する全国意識調査ですが、回答者数は1251人で、調査内容は以下の8点だったようです。なんか偏りがひどくないですかこれ…

 

1.最も好きなスポーツ選手

2.好きなプロスポーツ

3.好きな現役力士

4.一番好きなプロ野球のチーム

5.一番好きなJ1のサッカーチーム

6.WBCとその後のプロ野球観戦

7.高校野球の全国大会での「タイブレーク製」導入について

8.プロ野球での「敬遠の申告制」導入について

 

この8点を聞いたようです。なぜか野球と相撲だけ深い質問があるようですね。おそらくもう調査内容を作成したときから「お年寄りに多く質問する」という意図があるように見える項目ばかり。バスケやサッカーやラグビーの話題については触れず、野球の質問ばかりですね。これってフェアな調査なのでしょうか。

 

1.最も好きなスポーツ選手

中央調査社の調査では1位から、イチロー、錦織圭、浅田真央、稀勢の里 、羽生結弦 、大谷翔平、長嶋茂雄 、内村航平、坂本勇人 、松山英樹 だったようです。長嶋茂雄って名前が出てくる時点で、ああそういう層にばかり聞いた数字なんだなと想定できますね。

ちなみにこの回答者を男女別に分けたときの男性で人気選手だと、長嶋茂雄、王貞治 、松井秀喜、三浦知良などがランクインしています。ほんと平日の日中に家にいる層に聞けばこうなるのではという結果に。

 

2.好きなプロスポーツ

1位:野球
2位:相撲
3位:サッカー
4位:テニス
5位:ゴルフ
6位:ボクシング
7位:バスケット
8位:モータースポーツ
9位:プロレス

となっていました。いやプロレスって…ボクシングやプロレスですか。やっぱりこれお年寄りにばかり聞いたんでしょうね。あまりに違和感のある調査結果ばかりが出てきています。こういうのを基にしてなにかの決断が下されることがあったとしたら悲劇でしょうね。

 

3.好きな現役力士

1位から、稀勢の里、白鵬、遠藤 、高安、琴奨菊だそうです。3番目の質問に好きな力士はって普通聞かないだろ。なんだこのアンケートw

 

4.一番好きなプロ野球チーム

1位から、巨人、阪神、広島、日本ハム、ソフトバンク、中日、楽天、ヨコハマ、西武、ヤクルト、ロッテ、オリックスの順だそうです。ちなみにこれ地域別に分けると結構順位が入れ替わってますね。なお四国地域の1位は巨人だそうです。

 

5.一番好きなJ1のサッカーチーム

1位から、鹿島、浦和、ガンバ、広島、マリノス、ジュビロ、札幌、FC東京、セレッソ、清水、レイソル、川崎、仙台、鳥栖、新潟、神戸、大宮、甲府の順でした。

地域別ですと、北海道:コンサドーレ、東北:ベガルタ、関東・京浜:浦和レッズ、北陸・甲信越:浦和レッズ、東海:ジュビロ(2位清水)、近畿・阪神:ガンバ(2位セレッソ)、中国・四国:サンフレ、九州:鹿島(2位ガンバ、3位鳥栖)となっています。

で、この調査には「どれも興味ない」という回答があるのですが、プロ野球の場合はその割合が32%でした。野球は7割近くがどこかのチームに入れたわけです。しかしサッカーの場合は、どれも興味ないがなんと58%です。6割近くが興味ないらしい。

 

で、やっぱりなんだかおかしいぞ?ということで調べたところ、年齢がかなり偏っている調査のようです。こんなんでサッカーの人気が落ちた!とかいわれたらたまったもんじゃないですね。

人気スポーツ調査“サッカー”は3位陥落…「好きなJ1」は6年ぶりの王座 (ゲキサカ) – Yahoo!ニュース

サンプル数4000のうち有効回収数は1251人で、男性604人、女性647人。年齢分布は20代が135人、30代が177人、40代が229人、50代が193人、60代が225人、70代以上が292人となっている。

続きを元のサイトで読む

回答者の年齢分布を円グラフにしてみました。こう見ると、回答したひとの半分以上がお年寄りなんですね。訪問調査で「無作為に」選んだと言ってもこれでは完全に偏った意見になっているでしょうし、そもそも質問の内容がお年寄り向けですからねえ。どうせやるならもっと現代に合った調査方法で、すべてのスポーツに対して公平に質問をしてほしいと思います。

ノート ≫ 今週の人気記事