ギラヴァンツ北九州DF加藤弘堅が主審と衝突し負傷退場

カテゴリ /  サッカー / タグ /  /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年07月22日( 5か月前に投稿 )

J3台18節のFC東京U23対ギラヴァンツ北九州の試合で、北九州の加藤弘堅(かとう こうけん)選手が主審と衝突したことで怪我をしてしまい、負傷退場するという場面がありました。

 

選手側のほうが、まったく主審に気づかず別の方向を見ながら突っ込んでしまってますね。これではさすがに主審としてはどうしようもなかったかもしれません。ゴールキックで再開されるときに審判は別な方向を見て歩いてて、そこへ選手が走ってきた感じ。

この負傷により、加藤選手は頭部や体を固定されてストレッチャーで運ばれていきました。全然予測していないときに突然ぶつかったりすると、ほんと大きな怪我に繋がってしまうことがあるんですよね。軽症であることを願うばかりです。

サッカー ≫ 今週の人気記事