Vファーレン長崎の入場者数水増し問題は300万円の制裁金と決定

カテゴリ /  サッカー / タグ /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年07月25日( 3か月前に投稿 )

Vファーレン長崎が前体制のときに入場者数を水増ししていた問題で、Jリーグの裁定委員会は「けん責」「制裁金300万円」という処分を決定しました。入場者数水増しというJリーグにとっては絶対に許されない不正だったわけですが、想定されたものよりもかなり軽い処分となりましたね。まあ前体制の負の遺産だったことや、それを新体制が自己申告で報告し、現在は完全にクリーンな経営に切り替わっていることもあって処分が軽くなったのだと思われます。

V・ファーレン長崎に対する制裁決定について:Jリーグ.jp

1.V・ファーレン長崎 公式試合入場者数発表上乗せの件
(1)制裁の種類および内容:
①けん責 (始末書をとり、将来を戒める)
②制裁金 300万円
(2)適用条項:
①『Jリーグ規約』第141条〔チェアマンによる制裁および調査〕第1項
②『Jリーグ規約』第142条〔制裁の種類〕第1項第1号・第2号

2.違反行為の内容
(1)V・ファーレン長崎は、2015シーズン開幕から2017シーズン第6節までのホームゲーム全46試合中45試合において、入場者数を、少なく見積もって約20,000人上乗せして発表していた。
(2)具体的には、入場者実数を発表すべきものを、運営関連スタッフや入場券を持たない無料観客等を、入場者数に上乗せして発表していた。

続きを元のサイトで読む

これまでに3シーズン(2シーズン+4試合)で計24223人分を実際の正しい入場者数よりも水増しして多く発表していたようです。ちなみにJリーグの入場者数とは以下のように定義されています。(明治安田生命J1・J2リーグ戦試合実施要項」第 39 条第 3 項および第 4項)

 

(3) 入場者数とは、以下の各号に該当する者の合計をいう。

① 入場口から来場した観客で、以下に該当する者
イ. 入場券を保有している者
ロ. 入場券を保有していない未就学児童

② 入場口以外から来場した観客で、以下に該当する者
イ. 車いす観戦者およびその付添人
ロ. VIP席の観客

なお、入場者数には選手、審判員、クラブ役職員、その他試合運営に関わる者、スタジアム管理者、売店関係者、取材メディア関係者、フォトグラファーは含めない。

 

(4) 入場者数は、原則として入場時にカウンター等を用いて算定するものとし、入場券の販売枚数や半券の数によって算定してはならない。

 

このように、年パス保有数やチケットが売れた枚数で計算するのではなく、Jリーグは実際に入場ゲートでひとりひとりの数をカウントするという方式になっています。で、Vファーレン長崎はこれに本来は含めてはいけない運営関連スタッフや入場券を持たない無料観客等を入場者数に含めて発表していたとのこと。

今回の件は2000万円の制裁金を科された大宮アルディージャのときと比べたら数も少なく、また自己申告だったことにより制裁金300万円とかなり軽い処分で済んだようです。ただ、前体制の不祥事を新体制が被らないといけないというのは少しかわいそうな気もするのですが、それも承知で経営を引き継がれたのだと思います。

いやほんと、髙田明社長が支援をしてくれてなかったら長崎はどうなっていたんでしょう…これからももしかすると過去の負の遺産が出てくるかもしれませんが、サッカーファンとしては新体制で生まれ変わったVファーレン長崎を応援していきたいですね。

サッカー ≫ 今週の人気記事