ベガルタ仙台分析:ライン間でシャドーを見つけるんだ!

カテゴリ /  サッカー / タグ /  /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年07月31日( 3か月前に投稿 )

目指しているものはハッキリしているのですが、それに対してなかなか思うような結果を出せずにいるベガルタ仙台でしたが、柏レイソル戦では中断期間に取り組んでいたであろう部分が良く出ていたのではないかと思います。で、J1リーグ第19節のベガルタ仙台対柏レイソルの試合でベガルタはこれまでと少しやり方を変えているように見えまして、まず特徴的なのはシャドーのポジションで佐々木匠を使ってきましたね。というわけで今回はこのシャドーの動きについて。

この試合は佐々木匠が使われたのですが、これはおそらく「守備と運動量を期待して」ではないかと思います。守備時の布陣では5-4-1の2列目の外側となる位置に西村と佐々木の若い走れる選手を置くことで、ボールに対してプレッシャーをしっかりとかけてもらって相手に自由にはやらせない守備をまずは狙っていたのではないでしょうか。まずトップの石原がパスコースを制限しておいて、そこにパスがでたら佐々木と西村が追い込んでいくというやり方はわりと出来ていたように思います。

今季のこれまでのベガルタ仙台というのは、自分たちがどうやってボールを握って試合を支配できるか、またどうやって相手を押し込みながらゴールを奪うかという部分に重点を置いていて、少し攻撃への意識が強すぎたのかもしれませんね。

しかし、中断期間が終わってみたらかなりバランスを意識した戦い方、ポジションの取り方になっていました。無理にゴールを奪いに行ってカウンターを受けるよりかは、前線での人数が足りなくて攻撃が手詰まりになったとしてもボールを失ったときにカウンターは受けないよと。そういう意識に少し変わっているのかもしれませんし、この試合に関して守備面はうまくいっていたと思います。

攻撃の部分ですが、全体を通してみるとあまりうまく行ってないところも多かったですね。上の場面のように両脇CBがボールを前に運ぶことで相手の陣形を動かして、シャドーが相手の守備陣形の隙間でボールを受けることで優位性をつくるという攻撃が、できている時間帯もありましたが後ろがボール出しをできる「受ける選手」を探してしまう場面が結構多かったように思います。

最近のベガルタ仙台が後ろでばっかりパスを回してるというご指摘があるようなのですが、あれは縦へのパスを出せるタイミングを探している状態でして、適切なタイミングで受け手を見つけると結構ズバッと出してます。ただその受け手がなかなか見つけれないと、後ろでボールを回す時間が増えてしまうんですよね。ちなみにそうなった状態のことをペップグアルディオラは「ティキタカ」と呼んでいます。

相手を押し込んで仙台がボールを握って戦うとき、特に注目するのはシャドーの動きです。まあシャドーっていう言い方がアレなんですけど、西村と佐々木のところですね。このポジションの選手が適切なタイミングで適切な位置取りをしてボールを受けることができると優位に立てます。下の画像の緑マークの選手があの位置取りをすることで、相手がそれぞれ2つの人(もしくはコース)を見ないといけなくなります。これによって相手の陣形を崩せるわけですね。

ちなみに両サイドのウィングがタッチラインぎりぎりまで広がってるのは、CBからのボールを受けるパスコースとシャドーが受けるパスコースの角度を広げるためと、シャドーの選手に対しての相手のプレッシャーを分散させるためです。上の画像の一番外側の選手が内側に寄ってきたら相手が助かるんですよね。

で、柏レイソルとの試合ではこの佐々木と西村を味方があまり見つけられなかったということです。もちろん味方が見つけてパスを出したけどミスをして奪われたという場面もありましたし、まあここってくそ難しいんですよ。バルサではイニエスタとかがやってますからね。

よくイニエスタが敵に囲まれている画像とか見かけますけど、あれはイニエスタがわざとああいう狭い場所で受けているからです。そこでボールを受けることで相手がイニエスタへ集中し、周りの味方がフリーになるんですよね。だからイニエスタのいるチームはいつも強いのかもしれません。逆に言うとそれだけ狭いスペースでもボールを保持できる技術がないとなかなか難しいんですけど。

 

というわけで、今回はシャドーのポジションについて書いてみました。正直「シャドー」という言い方があまり好きではないのですが、わかりやすいならそれでもいいのかもしれません。この攻撃時3-2-5の布陣ではめっちゃ大事なポジションでして、この選手が効果的に動けているかどうかでだいぶ決まります。自分がツイッターで「もし補強をひとりだけおすすめするとしたら、川崎フロンターレの大塚翔平」と書いた理由はこれですね。西村はかなりうまくできていることも多いのですが、もうひとり必要だと思いまして。で、リャンがなかなか使われない理由もこの動き方の質だと思われます。

とにかくベガルタの攻撃が機能するかどうかは各選手の配置とシャドーの動きの質にかかっています。中断期間が明けてみたら守備面というか攻撃から守備への移行部分はかなり改善されていたように思います。よって、これからはこのバランスを保ちながらいかにして質の高い攻撃ができるか。そしてその質を体現するのはシャドーの動きというところに注目して試合を見ることをおすすめします。

サッカー ≫ 今週の人気記事