ドラクエ11:しばりプレイについて

カテゴリ /  ゲーム / タグ / 
リベロの河童
投稿者: ( ゲーム担当 )
公開日:2017年08月01日( 5か月前に投稿 )

発売初日からチマチマとプレイしていたのですが、カジノのスロットでジャックポット(77777:10コインタイプで20万枚)を当てたことで逆にモチベーションが下がってしまい、もう一度最初からやり直すことにしました。ちなみに当たるとこんな演出です。

で、やっぱりどのゲームでも「最初から最高難易度」を貫いていこうと言うことで、ドラクエ11の場合は「すべてのしばりプレイを適用してクリア」を目標にやっていこうと思っています。そういうわけでこのブログでは、すべてのしばりプレイをした状態で冒険を進めたらどんなことになるのか、また、どういうところで困るのかなどを書いていこうと考えています。ではまずは「しばりプレイ」ってなんだというところから。

ドラクエ11では、ゲームを始める最初の段階でまず主人公の名前を決めるのですが、そこでしばりプレイを設定することができます。後からはできません。この最初にやるかどうかを決定します。ただし、途中からしばりプレイを始めることはできませんが、途中から止めることはいつでもできます。協会やセーブをする像のところに「しばりプレイの解除」という項目があるので、挫折したときはそれで普通のプレイに戻せます。で、しばりプレイの種類ですが4つほど用意されておりましてどれも結構きつめです。

 

・戦闘から逃げられない

これは普通プレイですとあまりきになりませんが、全しばりプレイだとこれのせいでかなりきついです。戦闘になってたまに敵の数がめっちゃ多かったり、仲間をワラワラ呼んできたり回復しあったりされるとしばりプレイでは相当脅威です。もう薬草もMPも尽きたのにさらに仲間を呼ばれたり・・・ということがあるので、逃げれないはわりと恐怖ですね。そのためひとつひとつの戦闘の前にしっかりと準備が必要になります。

・買い物できない

武器屋や防具屋はもちろんのこと、道具屋も利用できません。よって、すべてが現地調達や鍛冶で作成となります。まあ全しばりプレイだと防具装備できないので困るのは武器くらいでなんとかなるかな?と思ったのですが、道具屋が使えないのが意外と困ります。特に序盤は薬草やどくけし草を使い切ると詰む可能性も。

・防具を装備できない

これがたぶん一番きついです。盾や防具からアクセサリまですべて装備できません。これマジで鬼畜ですね。これによってかなり戦い方や立ち回りが変わります。そしてどんな防具を拾ってもすぐさま換金されることになります。しかし、お金に換えても全しばりプレイだと買い物もできないので、お金の使い道がありません。

・はずかしい呪い

これはただただ「ウザい」です。戦闘などでときどき行動不能になるのですが、まあドラクエ3の遊び人みたいな感じです。突然1ターン行動不能になります。これによって、勇者に回復を期待しているとたまに行動不能になって誰かが死んだりします。ちなみに戦闘以外でも突然会話ができなかったりするのですが、もう一度話しかけると普通に話せます。ただただウザいだけのしばりプレイです。

 

以上4つすべてのしばりプレイを適用させてドラクエ11をなんとかクリアまでやってみようと思います。普通にやるよりも莫大な時間がかかるでしょうけど、まあそれもひとつの楽しみ方だと思っていただければ。正直今回ドラクエ11をやってみて、すごくヌルいなあと感じていたんですよね。たいして苦労しなくとも楽に進めれるというか。そういう意味ではしばりプレイというのはちょうどいいのかもしれません。

というわけで今回はここまで。ドラクエ11をこの全しばりプレイでやりながら感じたことをこれからの記事でまとめていこうと思います。もしご意見やご感想などがございましたらツイッターアカウント(@55ft)までなんなりとご連絡くださいませ。

ゲーム ≫ 今週の人気記事