浦和レッズDF槙野智章の処分は1試合出場停止に決定

カテゴリ /  サッカー / タグ /  /  / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年08月01日( 3か月前に投稿 )

先日のJ1第19節コンサドーレ札幌対浦和レッズの試合で、札幌FW都倉の顔面を蹴ったとして一発退場となっていた浦和レッズDF槙野智章の処分が「1試合の出場停止」と決定したようです。くわしくは『浦和レッズDF槙野智章が一発退場となった場面について』をご覧ください。

2017明治安田生命J1リーグ 第19 節 退場に伴う槙野 智章選手(浦和)の出場停止処分について:Jリーグ.jp

規律委員会において2017明治安田生命J1リーグ 第19 節の試合で起きた行為に対し、槙野 智章選手(浦和レッズ)の処分を下記のとおり決定いたしました。

【処分内容】
1 試合の出場停止

【出場停止試合】
2017明治安田生命J1リーグ
2017 年8 月5 日(土)開催 第20 節 浦和レッズ vs 大宮アルディージャ

【処分理由】
2017 年7 月29 日(土)2017明治安田生命J1リーグ 第19 節(北海道コンサドーレ札幌vs 浦和レッズ)の試合において槙野 智章選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の行為は、「乱暴な行為」に相当すると判断、1 試合の出場停止処分とする。

続きを元のサイトで読む

退場となる反則 - 乱暴な行為
乱暴な行為とは、身体的接触のあるなしにかかわらず、競技者がボールに挑んでいないときに相手競技者に対して、あるいは、味方競技者、チーム役員、審判員、観客またはその他の者に対して過剰な力を用いたり粗暴な行為を行う、または、行おうとすることである。

加えて、競技者がボールに挑んでいないとき、意図的に相手競技者やその他の者に対して頭や顔を手や腕で打つ場合、その力が微小なものでない限り、乱暴な行為を犯したことになる。

 

これについては「意図的かどうか」という部分で自分には意図的だと断定できないかな?と見えたのでこの一発退場は少し厳しいかなという意見だったのですが、Jリーグの審議では「意図的だった」と判断したようですね。そのため懲罰として1試合の出場停止になったと。

で、これが意図的だったと判断したのであれば「1試合の出場停止」は少し軽くないか?とも思えるのです。Jリーグの判断は「ボールとは関係ないところで札幌FW都倉の顔面を故意に蹴った」ということになるので、それで1試合は少ないのではないかと。スポンサー看板蹴っ飛ばした大久保は2試合の出場停止で、相手選手の顔面蹴っ飛ばした槙野が1試合というのは少しバランスが…他にもペットボトル蹴っ飛ばして3試合出場停止だったルーカスという選手もいますけど。

「ルールに則って審議すると1試合なんですよ」と言われればそれまでなんですが、意図的に顔面蹴ったと判断したけど1試合というのは個人的な感想として少し軽いと思いますし、なんだか少し納得できない気分です。別に槙野だからってわけでなくね。まあこれで前科がついたわけですから、今後も同じような行為を働くと罰則がどんどん厳しくなると思われます。ちなみに懲罰規定の基準は以下の通りです。

 

2.退 場
以下の2-1(1)から(10)号又は2-2から2-6のいずれかに該当する場合には、主審は退場を命じ、かつ規律委員会は、各項①号以下の定めにより懲罰を科す。

2-1.以下のいずれかに該当する場合
(1) 著しい反則行為
(2) きわめて危険な行為
(3) 乱暴な行為
(4) 主審、副審の判定に対する執拗な抗議
(5) 他の競技者、その他の競技に立ち会っている人々に対する侮辱
(6) 警告を与えられた後、さらに不正な行為を繰り返す
(7) きわめて反スポーツ的な行為
(8) 策略的な行為を繰り返す
(9) 主審に無断で抗議のためにフィールドを離れる行為
(10) その他、きわめてスポーツマンらしくない行為

①1回目の場合:最低1試合の出場停止
②繰り返した場合(内容は同一でなくてもよい):最低2試合の出場停止及び罰金

サッカー ≫ 今週の人気記事