天皇杯ラウンド16の組み合わせが決定。どっちがホームになる?

カテゴリ /  サッカー / タグ / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年08月07日( 4か月前に投稿 )

JFATVが天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16抽選会の模様を配信していたので決定した組み合わせなどをまとめておきます。まずは抽選で決まった対戦カードは以下の通りとなりました。

 

松本山雅FC対ヴィッセル神戸

浦和レッズ対鹿島アントラーズ

セレッソ大阪対名古屋グランパス

筑波大学対大宮アルディージャ

横浜Fマリノス対サンフレッチェ広島

AC長野パルセイロ対ジュビロ磐田

川崎フロンターレ対清水エスパルス

ガンバ大阪対柏レイソル

浦和対鹿島といういつもゴタゴタするカードなんかも面白そうですが、日本代表やJクラブ決まってる選手多数の筑波大学がどうなるかも楽しみですね。で、この組み合わせ抽選会の冒頭で要件がいくつか発表されまして『決勝が埼スタなので浦和は決勝に残ったときホームになるよう左側の枠に入ります』『ACLで勝ち上がってる浦和と川崎の日程を考慮してラウンド16はホームとします』『奇数番号(左上が1で下に連番)を取ったチームが基本的にホーム』とのこと。さらに以前発表された『準々決勝までの試合は下位カテゴリーがホーム優先権』という決まりもありますね。よって

松本対神戸(松本ホーム)

浦和対鹿島(浦和ホーム)

セレッソ対名古屋(名古屋ホーム)

筑波大対大宮(筑波大ホーム)

マリノス対広島(マリノスホーム)

長野対磐田(長野ホーム)

川崎対清水(川崎ホーム)

ガンバ対レイソル(ガンバホーム)

このようになると思われます。しかし、天皇杯の開催要件を満たしているスタジアムを用意できない場合はJFAが開催場所を決定すると。筑波大とかがそうなりますかね。これについては後ほどJFAから正式に発表があると思いますのでそちらをご確認くださいませ。

サッカー ≫ 今週の人気記事