2013年12月のクルピ『次に日本に帰ってくるときはガンバの監督です』→2017年12月ガンバ大阪の監督に就任

カテゴリ /  サッカー / タグ / 
リベロの河童
投稿者: ( 河童戦術ブログの管理人 )
公開日:2017年12月03日( 1週間前に投稿 )

数年前にはセレッソ大阪で素晴らしいサッカーを作り上げたレヴィー・クルピ監督でしたが、リーグ戦4位でACL権獲得という結果だったもののクラブはクルピとの契約を更新せず退任となっていました。で、その後はブラジルで指揮をとっていたクルピですが、今回正式に来季からガンバ大阪の監督に就任することが発表になりましたね。

ニュースリリース | ガンバ大阪オフィシャルサイト

この度、レヴィー・クルピ監督と来シーズンの監督契約について合意に至り、契約を締結しましたのでお知らせ致します。

<レヴィー・クルピ(LEVIR CLUPI)プロフィール>
■生年月日   1953.2.28(64歳)
■出身地    ブラジル
■主な指導歴  1985~1986  ジュヴェントゥージ(ブラジル)から指導開始
1990      サウジアラビア U-18代表
1996      クルゼイロ(ブラジル)※コパ・ド・ブラジル優勝
1997      セレッソ大阪(日本)
1998~1999  クルゼイロ(ブラジル) ※レコパ・スタメリカーナ優勝
2007.5~2011 セレッソ大阪(日本)
2012.8~2013 セレッソ大阪(日本)
2014~2015  アトレチコ・ミネイロ(ブラジル)
※コパ・ド・ブラジル優勝、レコパ・スタメリカーナ優勝
2017      サントス(ブラジル)

続きを元のサイトで読む

 

で、以前セレッソ大阪で指揮をとっていて今回ライバルチームでもあるガンバ大阪の監督になったわけですが、実はこの移籍先に関して、セレッソ大阪を退任しブラジルへ帰国するときに「サッカー人生でこんなにいいサポーターはいなかった。次に日本に帰ってくるときはガンバの監督です」と話していたんですよね。

クルピ監督帰国 ジョークでお別れ「次はガンバの監督です」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

今季限りで退任するC大阪のレヴィー・クルピ監督が11日、関西空港発の航空機で母国へ向けて帰国の途についた。

別れを惜しんで駆けつけた約150人のサポーターを前にし、「サッカー人生でこんなにいいサポーターはいなかった。次に日本に帰ってくるときはガンバの監督です」と最後まで得意の!?ジョークを飛ばしていた。

中東やブラジル国内からオファーも届く中でしばらくは静養の予定ながら、一方で自らが経営する日本食レストラン「アズキ」のさらなる充実もはかる。日本を離れる直前に自動ギョウザ製造器を発見し、さっそく発注。自慢の回転ずしコーナーですしネタと一緒に新メニューを流すつもりだ。「選手たちには“マタ アトデ”と言いたい」と、まるで小旅行に出かけるかのような軽い口ぶりで旅立った名将。大阪の名物オヤジとの再会はまた近いうちにやって来るはずだ。
[ 2013年12月12日 05:30 ]

続きを元のサイトで読む

 

スポニチさんはジョークを飛ばしたとか書いていたんですが、ジョークでもなんでもなく本気のコメントだったのかwww というわけで有限実行?でガンバ大阪の監督に就任することとなったクルピですが、正直かなり楽しみなんですよね。ぶっちゃけ今季のガンバ大阪って終盤はもう長谷川監督が来季の準備を進めてくれていたというか、今の勝点よりも来季の下ごしらえをしていたというか。そのためもしかするといきなりロケットスタートするかもしれませんし、来季のガンバ大阪は要注意かもしれませんね。

サッカー ≫ 今週の人気記事